新築戸建施工日記

基礎立ち上がり施工・外構工事

2017.05.18

基礎立ち上がり施工

 

 

先日、ベースコンクリート(耐圧盤)についてお伝えいたしましたが、今回は、基礎の立ち上がり部分の施工についてアップさせていただきます。基礎の立ち上がり部分には、実際にこれから土台が施工されていき、土台の上に構造の柱などが施工されるので、耐圧盤と同じく、非常に重要な役割を果たします。そのため鉄筋も多く施されております。現在は立ち上がり部分のコンクリート打設後ということで、養生期間となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外構工事

外周部では引き続き、東側隣地境界の土間施工を行っております。こちらは、基礎立ち上がり部分のコンクリート打設と同時に行ったため、同じく養生期間となっております。外構の土間工事も、基礎と同時に行うことにより、予算削減につながり、賢く家づくりを進めることが出来ます!!