新築戸建施工日記

裾野市W様邸 基礎工事

2017.08.22

裾野市W様邸、基礎工事を継続中です。

今現在出来上がっているコンクリート部分は、耐圧盤(ベースコンクリート)といって、一番下で支える部分になります。

これから行う作業は、『立ち上がり』部分の施工になります。今鉄筋が見えておりますが、この鉄筋が『立ち上がり』の骨になります。型枠を施工しコンクリートを流し込み養生して完成です。立ち上がりは、木造の土台を支える重要な役割と、立ち上がりを作ることによって、基礎に空間ができ、住宅完成後、基礎内の点検を可能にしてくれます。基礎の中には、ヘッダーと呼ばれる水道設備や水道管などがあり、やはり点検は不可欠!!

けんちくあ

建築は、一見どんな意味があってそうなっているのだろうか?と、不思議に思うようなこともあるのですが、ひとつひとつにしっかりと、そして大きな役割があります。その一つ一つが、皆様の大切な財産を守っております。

住宅に携わる職人さんはみな、誇りを持って心をこめて仕事にあたっております。これから建築をお考えの皆様、是非ご安心いただけたらと思います!!

毎回ほかの施工日記にも最後に締めくくっておりますが、現場の皆様、どうぞご安全に!!

お客様担当:望月洋和