新築戸建施工日記

長泉町W様邸構造用パネル施工

2017.09.05

長泉町W様邸、上棟後、外周面に構造用パネル「ハイベストウッド」を施工いたしました!!

弊社のいわゆる「BOX工法」です!!

ハイベストウッドはノダの商品名で、建築業界では構造用MDFといいます。MDFとは、木材チップを細かく裁断し、蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加えて板状に成形したものです。

特長↓

1:構造強度を高め、地震に強い住ま土台、柱、横架材を、構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、 全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます。

2:高構造用ハイベストウッドを張りつけた耐力壁は水平力に対して面材のせん断力で抵抗します。

3:面材工法は、壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、バランスよく分散し、 軸組の接合部への力の集中を緩和します。

 

耐久性・柔軟性・環境性などにすぐれており、弊社では近年標準化しております!!また浸透性の良く、平気ない結露の防止にもひとやくかいます!!

↑南側に大きな開口部があります!!サッシ枠の設置をおこないました。こちらの敷地は南側が道路に面しているため日当たり抜群!!間取り的にも非常に素敵な間取りとなりました!!

↑床下地の合板の施工も行っております。24mmの合板を使用しているメーカーさんも多いかと思いますが、弊社では28mmの厚みの合板を採用しております!!地震時のねじれたい策には不可欠です!!

現場では中盤戦の戦いを行っております!!いくつかの業者が同時に行っているため、現場は若干錯綜します。

現場の皆様、どうぞご安全に!!

望月 洋和