新築戸建施工日記

カテゴリー: 裾野市 H様邸

裾野市H様邸大工工事継続中

2017.12.14

大工工事を引続き行っております。

現在、大工さんが断熱材や床材を張っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ完成していませんが、この状態でも、

外と内とでは、寒さが違って感じられました。

地震などの揺れを吸収してくれる制震装置も、

しっかりと施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

完成すると見る事が出来ないので、

工事中のみ見る事ができる装置です。

 

 

 

 

 

 

 

今週の12月16(土)17(日)に同じ分譲地で行われる

「背伸びしない自分たちらしい家」完成見学会に合わせて、

12月17(日)11:15頃~(予定)

「祝!上棟!!もちまきイベント」を行います。

(詳しくは、見学会、イベント情報にて)

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、子供さんと遊びに来て、

お正月みんなで食べれる御餅お菓子をひろいに来て下さい。

ご参加お待ちしております。

裾野市H様邸大工工事

2017.12.05

裾野市H様邸、大工工事序盤です。

外周部を構造用パネルで、囲みました。弊社の特徴の一つに、このBOX工法があります(弊社では、木造軸組BOX工法を標準採用しております)。

家をパネルで箱型にすることにより、地震などによる損傷やねじれを防止する役割を担います。また、使用しているパネルには、ハイベストウッドという製品を採用しております。ハイベストウッドには、いくつかの特徴があります。(※地震に強い壁倍率4.0取得)

ハイベストウッドの特徴

1.環境性→地球環境、森林破壊を緩和するやさしい家に

2.透湿性→9mm圧の構造用面材の中で透湿性NO.1

3.安全性→耐力へ紀として高性能。地震・合い風に強い安全な家に

4.居住性→断熱材がきちんと収まる冷暖房効率の良い家に

5.耐久性→シロアリ・腐朽菌の抗力に優れた、丈夫な家に

6.信頼性→JIS製品で安定した品質性能確保で、安心な家に

 

 

こちらは内部の様子です。内部は現在床の下地施工を行ったばかりです。床の下地には、1F・2Fとも28mmの構造用合板を採用しております。24mmで施工しているメーカーも多いかと思いますが、厚みを増すことにより、より構造強度の高い家を実現することができます。

 

既に断熱材が搬入されております。断熱材には高性能グラスウール16Kを使用いたします(壁100mm・天井200mm)。色々な断熱材がある中で、費用対効果の高い高性能グラスウールを弊社では標準仕様としおります。もちろんお客様のご要望によっては、ご提案を変更させていただくことも可能です。

日々、日没が早くなってまいりました。朝晩は冷え込むようになり、風邪を引ひいている方も多いことと思いますが、どなた様もどうぞお体ご自愛ください。

望月 洋和

12/16【土】・17【日】メタリック外壁のおうち@裾野市稲荷完成見学会

裾野市H様邸 祝!!上棟!!

2017.11.27

裾野市H様邸、本日上棟いたしました!!!おめでとうございます!!雲ひとつない穏やかな天候、絶好の上棟日和となりました!!

午前中は、2Fの梁までを施工しました。お昼にはお施主様のご主人も駆けつけ、差し入れをしていただきました。お心遣いがとてもうれしかったです。ご主人、ありがとうございました。

午後からは屋根部分の施工を行いました。

夕方にはご家族皆さんでお見えになり、スタッフ一同に、お赤飯などのお心遣いをいただきました。お施主様のお気持ちが本当にうれしかったです。一生に一度の家づくりの中で、この上棟というのは特別なものだと思います。お施主様の思いもしっかりと受け止めて、これから完成まで、まだまだ時間はかかりますが、安全第一で施工していきたいと思います。

最後には、ご家族皆様で記念撮影。『物より思い出』とはよく言いますが、一生の思い出となるでしょう。是非大切にしていただけたらと思います!!

これから本格的に大工工事に取り掛かります。年末年始も入りますが、現場の皆さん、どうぞご安全に!!!

望月 洋和

裾野市H様邸土台・足場施工

2017.11.25

裾野市H様邸、現在土台しき込みならびに足場を組み終わっております。

上棟前に足場を組んで、大工さんたちが高所での作業がしやすいようにしております。また、防護ネットを張り巡らせることにより、ゴミの飛散を防ぐことができます。また、強風の時にはネットをたたみ、風邪であおられないよう現場で工夫しております。

↑こちらの写真は土台です。

土台は、柱の下に当たる部分で、建築物の荷重を基礎に伝えるとても大事な部分になります。

土台の木材は「ヒノキ」を採用しております。ヒノキは、シロアリに強く、弊社のみならず多くの住宅会社が採用している木材です。また、基礎もベタ基礎というものを採用しており、シロアリや害虫に強くなっているため、現在ではそういった被害にあわれているケースは、弊社ではございません。

こちらの現場は、裾野市稲荷分譲地4区画の最後の1棟です。一番最後の上棟となります。12月17日(日)にはもちなげも予定しております。ご近所の皆様はもとより、ご興味のある方は是非いらしてください。構造見学もできます!!よろしくお願い致します!!

望月 洋和

裾野市H様邸基礎工事

2017.11.15

裾野市H様邸、現在基礎工事中です。型枠を撤去し、基礎が現れてきました。

天候不順で、少し工程が遅れ気味ではありますが、今のところ事故や怪我もなく進んでおります。立ち上がりもアンカーもきれいに出来上がっております。

弊社では、ベタ基礎という呼び名の基礎工法を採用しております。

ベタ基礎とは、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなります。最近の木造住宅ではベタ基礎を採用する住宅会社がほとんどです。

また、ベタ基礎は不同沈下を起こしにくく、軟弱地盤には地盤改良を施し、その上に基礎の施工をするので、家の傾きを防ぐことができます。お施主様の大切な財産を守るため、大変重要な工程になります。

これから外部配管、土台施工、先行足場を施工し、今月中旬頃上棟の予定となっております。天候不順にも負けず、現場のみなさん、どうぞご安全に!!!

望月 洋和

裾野市H様邸基礎工事

2017.11.07

前回のブログでも話しましたが、

長雨の影響で、なかなか工事が進められませんでしたが、

(雨でも施工する業者もありますが・・・)

その後、晴天に恵まれて、着実に工事を進めております。

 

 

 

 

 

 

 

現在は、ベタ基礎耐圧盤と言う場所に、

配筋工事、鉄筋をギッシリと敷詰めました。

キレイで、ガッシリした配筋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、こちらにコンクリートを打設していきます。

好評で完売した当社の稲荷分譲地の全てで、

現在、建築工事が進んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

今週末の11月11(土)12(日)

完成お披露目会(詳しくは、見学会、イベント情報にて)

の会場はこちらの当社分譲地内にて行います。

様々な進行状況の現場があるので、

完成とは違った意味でも、

楽しく住まいの事が学べる見学会場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末の見学会をお楽しみに!

裾野市H様邸基礎工事

2017.11.03

裾野市H様邸、現在基礎工事中です。先日の長雨や台風で、工程に影響が出てきました。

捨てコンの打設を行いました。

捨てコンとは、基礎や住宅の強度にはまったく関係ないコンクリートで、主に今後の作業の墨だし作業のために設置されるコンクリートです。作業がしやすく円滑に行われるよう作るコンクリートです。

基礎工事は天候に左右されますので、現場監督は毎日ネットで天気予報を確認しながら工程を考えております。

今週末から来週にかけて、しばらくは天気も良いようなので、今後順調に作業が進められることを祈ります。

朝晩の寒暖差が大きくなってまいりました。ある意味では今が一番体調を崩しやすい時期かもしれません。現場のみなさん、常に気をつけているかと思いますが、体調には十分にお気をつけください。

どうぞご安全に!!!

望月 洋和

裾野市H様邸 祝!地鎮祭

2017.09.26

先日、よく晴れた大安に、

裾野市稲荷にて地鎮祭を行いました。

当日は、禰宜さんが最初に、

式次第を丁寧に説明していただき、

 

 

 

 

 

 

 

みんなでお祈りをしっかりとさせていただき、

 

 

 

 

 

 

 

子供達もバッチリお手伝いができ、

 

 

 

 

 

 

 

笑顔の中、良い日を迎えられました。

H様、地鎮祭、おめでとうございます。

10月より、いよいよ工事がスタートです。