新築戸建施工日記

カテゴリー: 裾野市 M様邸

裾野市M様邸 外壁施工&大工工事中

2018.12.07

裾野市M様邸、現在外壁の施工を行っております!!

通気胴縁の木部に金物を設置して、そこに外壁を引っ掛けるように施工をしていきます。
現在外壁施工は、釘で打ちつけることはしておらず、地震などの揺れに対してしっかりと柔軟性を持たせて、家が長持ちするよう、金物での施工を行っております。
釘のさびなどもなく、安心です。

内部では大工工事を行っております。
大工工事もだいぶまとまってまいりました!!
石膏ボードによる間仕切りも、ほぼ完成しております。
ディテールの部分はこれからとなります。

天井高が高くなっており、梁が見えてとてもすてきです!!構造の梁も、見せ方一つですばらしいアクセントになります!!

階段部分も施工が完了しております!!施工中でも内部から2Fに上がることができます。
作業効率もアップ!!

2Fは天井の下地施工がこれからとなっており、いまは天井の断熱材が見えている状態です。

こちらは2Fホールですが、各所同じような感じで大工さんの残工事がございます。

こちらはバルコニーです。
奥行きがあり、とてもゆったりとしております!!屋根もついているので、ゲリラ豪雨にも対応!!
横にも長いので、お布団を干すのには適しております!!
バルコニーも、お部屋同様、間取り作成の段階で、計画的に作りこんでいけるといいですね!!

ここからは現場も終盤戦になります!!2月上旬には完成し、点検や補修などを行っていく予定です!!
師走。誰もが忙しい時期かと思いますが、みなさん、どうぞご安全に!!

望月 洋和

裾野市M様邸 制震工法

2018.11.22

現在、大工さんによる工事を行っております

その中で先日、制震金物を施工しました。

制震金物とは、揺れを制御することで、

大きな揺れから住まいを守る為の金物の事です。

当社では、耐震性に優れたBOX工法標準としておりますが、

この耐震性に付け加えて、制震金物を採用することで、

繰り返しくる大きな揺れからも、住まいを守りたいと考えての、

耐震制震工法となります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、国の基準による耐震等級は、「きわめて稀に発生する地震力に対して・・・」

とありますが、このきわめて稀とは、「数百年に一度程度」と、

一度程度を想定した基準となっています。

二度、三度と言う訳ではありません。

ですので、もし二度、三度起こったら?と考えると、

今回の様に、制震工法が大切となります。

考えすぎと思われる事もあるかもしれませんが、

住まいの安全性は、考えすぎでも良いと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心、安全の為の工法です

(詳しくはこちらも)

裾野市M様邸 床下炭工事

2018.11.15

上棟が終わり、BOX工法のパネルの設置も完了し、

大工さんが、もくもくと工事を進めております

そんな中、先日、床下の防儀処理として、炭塗りの施工を行いました。

今回は『ヘルスコキュアー』と言う、床下木材用防儀防腐木炭塗料を使い施工しました。

一般的な防儀処理には薬剤を使用します。現在では建築基準法に基いて、

化学物質の発散による衛生上の支障がないよう建築材料の取り決めもありますが、

薬剤は使用しますので、健康に良いと言うものではありません

ですが、このによる防儀処理『ヘルスコキュアー』は薬剤を使用せず

無毒性で人体に安全な製品です。

又、炭には防儀防腐だけでなく、調湿性もあり、床下をキレイに保ち、

快適で健康住宅への提案となっております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この炭により防儀防腐処理は、当社の提案型企画住宅『EcoB(エコボ)

標準工事となっております。

(詳しくはEcoBのページをご覧ください。)

安全性とは、耐震性、断熱性だけでなく、健康性も、

快適性とは、プランや断熱性だけでなく、健康性も、

トータルバランスの良いお住まいの工事を行っております

裾野市M様邸 祝!!上棟

2018.11.03

今週前半に裾野市にて、また1棟、上棟になりました。

M様おめでとうございます

写真は今週末日に撮ったのですが、

すでに当社の耐震工法であるBOX工法の施工を行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の使用している構造パネルは、優れた強度高い耐久性はもとより、

構造面材ではトップクラスの透湿性があり、

木造工法を長く持続させる為にも大切な要因です。

住まわれる方の安心安全のパネルです

さらに、環境性に優れた地球に優しい素材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから大工さんが一つ一つ丁寧に工事を進めてまいります。

完成までまだまだ時間が掛かりますが、

良い住まいになる様に、現場で頑張って施工を行っています

裾野市M様邸 基礎工事中

2018.10.23

裾野市M様邸、基礎工事中です!!

型枠が外れて、全貌があらわとなりました。基礎の立ち上がり部分の完成です!!

また、玄関の土間部分のコンクリート打設も行っております。こちらはまだ打ち終わったばかりで、数日の養生が必要となります。誰も立ち入る事ができません。

外部・内部とも水道関係の配管作業も終えており、コンクリートの養生が終わりましたら、土台しきこみ・先行足場の作業を終えて、上棟となります!!

このところ天候にも恵まれ、作業も順調に進んでおりますが、現場の皆さん、どうぞご安全に!!

望月 洋和

裾野市M様邸 基礎工事中

2018.10.12

裾野市M様邸、ただいま基礎工事中です!!

型枠と鉄筋が施されております。これからこの枠の中にコンクリートを流し込み、耐圧盤というベースを作っていきます。基礎は、地盤面よりも50センチ程度掘り込んで、土地に定着させて安定を保ちます。基礎の上に載ってくる建築物の荷重を一手に引き受ける役割を果たしますので、基礎工事は大変重要な工程となります!!

鉄筋がきれいに配筋されてます。コンクリートだけでは強度は出ず、やはり鉄筋がとても重要です。

基礎工事と同時進行で、外部の配管工事も行われます。外部配管工事は、周辺の土を掘削し、宅内に上水道・下水道とも引きこむ作業をしていきます。工事序盤は、このような土工事がメインとなります。

工事はまだまだ序盤戦です。このところ、全国的に台風などの自然災害が多発しておりますが、そのたびに建築工事中の現場やその周辺の方々は大丈夫だろうか、と心配になります。当然弊社でも、雨養生・台風対策はしっかりと行っております。現場で働く皆さん、本当に本当に、どうぞご安全に!!

大洋工務店 望月洋和

裾野市M様邸 基礎工事スタート

2018.10.07

先週より、いよいよ現場での工事が、

裾野市でもスタートしました

現在、ベタ基礎の底板をしっかり支える為の、

「割栗」工事を行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤調査にて確認した、地盤強度を元に、

水平な地盤と、締めかためを行っております。

割栗がしっかりする事で、ベタ基礎の耐圧盤も安定して施工できます。

今回は、真四角な平面計画にて、

建物では、もっとも効率良く、耐力や強度が確保できる形です

工事の始まりです。

これから、一つ一つしっかりと工事を行ってまいります

裾野市M様邸 祝!!地鎮祭

2018.09.09

裾野市にてまた1軒、大洋工務店の現場が着工になりました。

先日の大安、良き日に地鎮祭をおこないました。

M様おめでとうございます

式次第は、いつも通り神主様により、

一つ一つ丁寧に、とり行われ、

最後は、御祈願を込めてみんなで乾杯

雨予報でしたので、心配していましたが、

式の間は、雨にも降られず、無事終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔の中、滞り無く、地鎮祭を行う事ができました。

工事は9月下旬頃から、行われます。

良い住まいになる様に、

しっかり、頑張ります