新築戸建施工日記

カテゴリー: 三島市 SR様邸

三島市SR様邸 新築工事

2020.10.10

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市SR様邸、新築工事の様子を紹介します。
早速地盤改良工事が始まっています!!地盤改良工事は、住宅の基礎となる地盤の補強工事です。建物を安全に支えられる地盤に改良しますよ。
調査の結果、今回は、『表層改良工法』で行います。これは、地盤の弱い部分が地表から2mまでの場合に用いられる工法です。表層部の軟弱地盤部分を掘削し、セメント系固化材を土に混ぜて締め固め、強度を高めます。
数字が書かれている袋1袋に、セメント系固化材が、1,000㎏入っています。No.10だけは500㎏で、総量9,500kg、9.5tの固化材を使用します!!単位が変わると印象が変わりますね(;^ω^)
大量の物をプラスするのですから、余分な土はダンプカーに乗せ、処分します。
土の色が白っぽくなっています。この部分は、固化材が混ぜられた所です。
土を掘りつつ、決められた深さまで掘削されたかを確認します。
工事現場でよく見るこの機械。これは、レベルを測る物です。あらかじめ設定した高さで、レーザーを飛ばしています。受光機がそのレーザーを感知して、音でお知らせしてくれます。
職人さんが現場用の定規に受光機を取り付け
深さを確認しています。それを写真に撮るのですが、ショベルカーのバケットで支えているんです!!
高さと位置を合わせる微調整が絶妙(^^)/
土を
掘って、
掘って、
測る、の、繰り返しです。
固化材がなくなりました!!という事は、
完成形に近づいてきましたよ。
あと少し残土を取って、更に締め固めて終了です。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ