新築戸建施工日記

月: 2018年5月

長泉町F様邸基礎工事完了

2018.05.18

長泉町F様邸、立ち上がり部分のコンクリートもしっかり固まり、型枠を解体して、基礎工事が完了しました。

立ち上がり部分に穴が開いておりますが、これは配管を通すための穴で、計画的にあけております。基礎内には、上下水の配管がくるので、こういったことは設計が計算しながら配管計画を作成していきます。

これから内部配管、外部配管、先行足場、土台敷きこみと続きていき、6月上旬には上棟を予定しております。

日に日に暑くなってまいりましたが、現場の皆さん、どうぞご安全に!!

望月 洋和

三島市M様邸コンクリート打設

2018.05.17

三島市M様邸、ベースコンクリートの打設を行いました。

こちらの現場は狭小地でポンプ車が入っていけないため、隣地の方にご協力をいただき、お隣の敷地からコンクリート打設をさせていただきました。

基礎のベースコンクリートは、建物の荷重を一手に引き受ける、大変重要な役割を果たします。また、弊社ではベタ基礎を採用しており、様々な部分で安全性を確保しております。

コンクリートを流し込んだあとは、平らに仕上げて、コンクリートがしっかり固まって安全が確保されるまで養生します。

また、現在鉄筋部分が見えておりますが、こちらは基礎の立ち上がり部分になり、ベースが固まり次第型枠作業を行い、立ち上がりコンクリートを打設し、養生します。

コンクリートの作業は、作業そのものももちろんですが、この養生期間というのが非常に重要になります。待つのも仕事!!といったところです。

今日も大変蒸し暑いですが、これから本格的に梅雨の時期になってきますと天候が非常に不安定となり、現場管理は非常に重要となってまいります。現場監督はじめ、現場スタッフの皆さん、どうぞご安全に!!!

望月 洋和

 

沼津市I様邸祝!!地鎮祭!!

2018.05.12

沼津市I様邸、先日地鎮祭を執り行いました!!

この日は朝から雲ひとつない青空が広がり、このところの天候不順からうってかわって、絶好の地鎮祭日和となりました。地鎮祭はある意味工事の始まりの儀式ですので、幸先の良いスタートが切れたと思います!!

現地には、祭壇と盛り砂、お供え物、お酒がセットされて、いよいよ地鎮祭の始まりです!!

お施主様、施工会社が頭をさげてお払いを行っております。

全員で祭壇に向かって、『2礼・2拍手・1礼』。神社などにおまいりにする際もそうですが、地鎮祭でも神道のお作法どおり、『2礼2拍手1礼』を行います。

神主による『祝詞奏上』

『四方払いの儀』

↓この場所にはトイレが施工されます。お手洗いの部分は四方払いとは別に、しっかりとお祈りをささげお払いをいたします。

お施主様(奥様とお子様たち)のお手をお借りして、お米と塩で四方をお払い。

ご主人様はじめ、ご家族皆様で『鍬入れの儀』。弊社も『すきとり』を行わせていただきました。

地鎮祭がひと段落し、現地にて設計と配置確認や、詳細の打合せを行いました。これまでは、あくまでも図面上での打合せでしたが、この日初めて現地での打合せを行い、お施主様にしかり確認していただきました。

これから工事がはじまりますと、現地での打合せも何度か行う事になります。やはり図面上では確認できない細部の事などが出てきますので、最後に現地にてすりあわせをさせていただきます。

この場所は閑静な住宅街で日当たりもよく、おそらく生活をしていくには何不自由ない場所かと思います。ここにオーナー様の夢のマイホームを建築し、新たな生活がスタートていきます。弊社もしっかりとおささえできるよう、全力で取り組んでまいりたいとおもいます!!!おまかせください!!!

6月上旬着工予定!!

望月 洋和

長泉町M様邸祝!!上棟!!

2018.05.11

長泉町M様邸、昨日上棟いたしました!!誠におめでとうございます!!すがすがしい春の陽気の中、朝からレッカー車や大工さんたちが現場に集合し、作業がスタートしていきました!!

上棟時は、柱や梁の組み立てなど人数が必要となるため、どの現場でも大工さんが5~6人で作業をおこないます。

10時ころには1Fの組み立てが完成します。柱などの木材は、工場にて住宅のサイズに合わせてプレカットされてくるので、現場ではほぼ組み立てのみとなるため、作業をスムーズにすすめる事ができます。

足場は上棟に前日に組み、上棟時には足場を使って作業できるようにしております。(先行足場)

敷地面積:183.57㎡(55.52坪)

1F床面積:61.44㎡(18.55坪)

2F床面積:56.47㎡(17.05坪)

延床面積:117.91㎡(35.60坪)

施工面積:127.02㎡(38.35坪)

木造軸組BOX工法で制震装置を組み込んでおり、さらには長期優良住宅の最高等級(耐震等級3)!!とても立派な構造です!!!外観もスタイリッシュに仕上がりますので、これからとても楽しみです!!

内部の様子です。柱や筋交い、梁が見えてきております。

基礎工事まででは、なかなか建物の大きさがわかりにくいですが、上棟するとその規模がわかり、どのお施主様も非常に驚かれます。こちらのお宅も38坪施工面積という事で、とても大きな建物だと思います。

ここからは大工さんがメインとなり、まずは外回りを中心に施工を進め、雨じまいをして、雨の日でも施工できるようにしていきます。これからジメジメと蒸し暑い日がおとずれますが、現場の皆さん、どうぞご安全に!!!

望月 洋和

長泉町F様邸ベースコンクリート打設

2018.05.10

長泉町F様邸、ベースコンクリートを打設致しました!!

基礎のベースコンクリートは、建物の荷重を一手に引き受ける、大変重要な役割を果たします。また、弊社ではベタ基礎を採用しており、様々な部分で安全性を確保しております。

ミキサー車からからコンクリートを流し込んでおります。

流し込んだあとは、平らに仕上げて、コンクリートがしっかり固まって安全が確保されるまで養生します。その後型枠を解体していきます。コンクリートの作業は、作業そのものももちろんですが、この養生期間というのが非常に重要になります。待つのも仕事!!といったところです。

今後、基礎工事の継続、さらには設備配管工事を行ってまいります。

日に日に暑さが増してまいりましたが、現場の皆さん、どうぞご安全に!!!

望月 洋和

長泉町M様邸土台施工

2018.05.09

長泉町M様邸、昨日から大工さんが入り、土台の施工を行いました!!天候が心配されましたが、おかげさまで作業ができないほどの天気ではなく、無事に施工を終えることが出来ました。

土台にはヒノキの集成材を採用しております。ヒノキはシロアリに強く、多くの住宅会社で採用されております。

また土台は、柱から伝わる垂直の荷重を受け止め、力をベタ基礎に伝えるという、『構造耐力上主要な部分』として、大変重要な役割を担っております。

基礎の周りには砂利もひかれて、汚れ対策も万全!!!

これから足場が組まれていよいよ上棟です。

地域によっては梅雨入りしているようですが、どなた様もどうぞご安全に!!

望月 洋和

長泉町M様邸型枠解体

2018.05.03

長泉町M様邸、型枠の解体を行いました。

玄関の階段の下地が完成です!!

こちらはLDKのはきだし窓の外のステップです。

GWの3日~6日の4日間、現場も弊社も休みとさせていただきます。GWがあけると、いよいよ大工さんが現場で作業を始めます。まずは土台工事からとなります。

みなさんGWはレジャーなど家族サービスもあるかと思いますが、どうぞお体ご自愛ください。

望月 洋和

長泉町F様邸型枠施工

2018.05.02

長泉町F様邸、型枠の施工を行いました。

この型枠の中にコンクリートを流し込み、基礎の一番下の部分に当たる『耐圧盤』を作ります。耐圧盤は建築物の荷重を全て受け止める、大変重要な役割をしております。

基礎の下には防水シートを施工し、湿気があがってこないようにしております。

望月 洋和

長泉町M様邸土間施工

2018.05.01

長泉町M様邸、土間施工を行いました。

こちらは玄関部分にまります。玄関ポーチや階段の下地となるコンクリートになります。こちらのお宅は、土間収納を大きくとっており、靴や外のものをたくさん収納する事ができます。

こちらの土間は、LDKのはきだし窓から外に出るためのステップになります。

青空の下、基礎がくっきりと浮かび上がりとてもきれいです!!GW明けには上棟を予定しております。同じポジションからまた撮影したいと思います!!

望月 洋和

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ