新築戸建施工日記

月別: 2020年1月

三島市M様邸 内装工事

2020.01.31

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市M様邸、内装工事が進んでおります。
玄関のタイルが敷かれました。中に入るといつもと違う香りが漂っていて、何かな???と奥に進むと
造作家具にオイル系塗料を塗っています。原因はこれでした。
丸いスポンジの様なもので
サっと塗って(ほんとあっという間なんですよ~)
布で拭いて
乾かします。この塗料は木材に染み込んで着色してくれます。木目がきれいに出てますよね。
ナチュラルなお部屋の雰囲気にぴったりな色合いです。
これから、この棚にも塗料が塗られていきます。どんな家具になるのか楽しみです(^^♪
職人さんがちょっと離れた隙に盗み撮り。
キッチン横のダイニングにはカウンターが付きます。奥さんの家事スペース&お子さんのお勉強スペース&ご主人の書斎として家族みんなのちょっとしたスペースです。
写真左側の壁には、タカラスタンダードさんのホーローパネルが付いています。キッチンに使用される物と同じなんです。なので、磁石もつくからちょっとした書類を留めておけるし、油性ペンでメモっても大丈夫(^^)/お子さんがお絵かきしても問題なし!!間違っても正面のクロスには書かないでね(;^ω^)
お部屋の雰囲気をご紹介します。こちらは、土間収納から室内へ行けるんですよ。アーチ型の階段入口が映えますね。
こっちは玄関を入って正面です。
こちらの板何かなぁ~って気になっていたんですが、
じゃ~ん!!スリッパが入れられるんです。確かに、スリッパは置き場所に困ります。ナイスです(^^)/
2階寝室です。織物調のクロスで色はグレーベージュです。
寝室にはウォークインクローゼット。このクロスかわいい~(*^^*)
子供部屋①と②です。密かなアクセントです。クローゼットには扉が付くので、扉が閉まっていると白いお部屋です。お子様が大きくなると好みが出てくるので、クローゼットの中だけならねっ(*^^*)
2階廊下には本棚があるんです。自分の好きな本を並べて眺められる廊下、テンション上がります。
階段側からのアーチの入口も素敵ですね~(*^^*)
1階和室には、これから設置される設備が運びこまれていました。

工事も仕上げの段階です。

という事で
どうぞご安全に。

三島市O様邸 地盤改良工事

2020.01.29

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市O様邸の地盤改良工事が始まりました。
地盤改良とは、建物を支えられる地盤なのか、そうではないのかという事を調査し、その結果に基づいて安全に建物を建てられる地盤に改良する工事です。これを怠ると、地盤沈下などの原因になります。いくら、基礎をしっかりして、丈夫な建物を建ててもその下の地盤が軟弱では意味がありません。
『表層改良』という地盤改良工事を行います。地盤の軟弱な部分が地表から2mまでの浅い場合に用いられる工法です。
現場には、バックホー(ちなみにショベルカーの事です。バックホーの方が強そうだなと思って(;^ω^))
振動ローラーに
レーザーレベルと
この袋の中には特殊土用セメント系固化材が入っています。これは良質土に改良するセメント系のお粉です。表層改良工事は、軟弱地盤部分を掘ってこの”お粉”と軟弱土を混ぜ、転圧し強固な地盤にする工事です。
建物が建つ場所を掘り起こし
袋を定位置に移動させます。
袋の底が見える角度に置き、カッターで切り込みを入れます。バックホーが動く音がすると、近くにいた保育園生たちの歓声があがりました(^^)/ちびっこたちは大興奮でしたよ~。
ゆ~くりと袋を持ち上げます。お粉を撒き散らさないように。この袋には1トンのお粉が入っているそうです。1トンものお粉を入れても大丈夫な袋は”フレキシブルコンテナバック”と言うそうです。見た目の割に随分上等な名前だな~なんて(;^ω^)
これから、土と固化材を混ぜ合わせます。
お粉がまわないように、ゆっくりと混ぜます。いつものバックホーの力強い動きではなく、やさしく動いています。
少しずつグレーのお粉に土が混ざってきました。
混ぜ混ぜタイムはまだまだ続きます。
雪解けの後のようですね(;^ω^)さらによく混ぜた後、土を均していきます。
表層改良工事1日目はここまで。
次の日は朝から雨。土を均していましたが、雨が強くなり
この日は工事中止となりました。
整う物ですね~。
水平がとれているかどうかチェックしています。「ピッ」という音でお知らせしてくれます。
転圧して更に締め固めていきます。
ローラーをかけていない所と、かけた所の違いが分るでしょうか。
縦、横方向丁寧に、ローラーをかけると
出来上がりです。

いよいよ、基礎工事が始まります。

という事で
どうぞご安全に。

長泉町Y様邸 地鎮祭

2020.01.28

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町Y様邸、地鎮祭を行いました。
前日までは冷たい雨が降っていましたが、当日の天気は少し青空を覗かせるくもり。天気予報では暖かくなると言っていたんですが、この時間は期待したほどではなかったです。期待しすぎたのかなぁ(;^ω^)
祭壇は北の方角に設置します。南側に参列者が並びますよ(^^)/

お施主さまご一家、ご両親、プーさんが出席してくれました。
初めての地鎮祭でHくん、Rちゃん、少し戸惑っているかなぁ。
祝詞奏上です。神さまにお願い事を伝えるという儀式です。工事する場所、誰が、何のために、どこの会社がという事を伝え工事の安全を祈願します。
いつもの調子が出てきたRちゃん。じぃじの所に遊びにきて、ぷーさんをじぃじに預けたのがきっかけです。
Hくんがぷーさんをじぃじから取ろうとしています。
Rちゃんは負けませんよ~。
Hくん、おもしろがって放しません。
はい。終了。
と思いきや、まだ続いていました!
大人気のプーさんをよそに、四方祓いは順調に進んでおります。
ママ、Hくん、Rちゃん一緒に四方にお清めです。
なかよくできました◎
みんなで鍬入れです。
盛砂を土地に見立てて、お施主様が地を掘り、
施工者である大洋工務店が地を均して、神さまに工事の開始を報告します。
玉串奉奠です。参列者全員で、工事の無事を祈願しました。
おっと~、まだまだ続いていました(^^)
乾杯!!
記念写真です。
Rちゃんのもとに無事戻ってきましたとさ(*^^*)めでたし、めでたし。
Hく~ん!!なぜ地鎮祭で靴がこんなに汚れるのかしら???
地鎮祭が終わる頃には、晴れ間が広がっていました。

工事着工も間もなくです。

という事で
どうぞご安全に。

裾野市K様邸 上棟②

2020.01.25

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市K様邸、上棟②です。
2階床下地が組み上がりました。
みんなで金物を留めています。
床材が敷かれていないので、足場が木材の幅だけの上に乗っています。しかも金物で固定していないから、動くたびに揺れるんでしょうね~(>_<)
金物は羽子板金物と言って柱と梁などの横架材を留める補強金物です。地震や台風時に柱から梁が外れるのを防いでいます。
1階では、仮筋交いの施工中です。
仮筋交いは、柱などを垂直に測ったあとに、傾かないよう仮固定しています。
バッテンが仮筋交いです。あくまでも仮なので、工事が進むと外します。
2階は床材が運び上げられました。
床材を運び
場所を合わせ
釘打ち機で留めていきます。それを繰り返すと
2階床の誕生です(^^)/
クレーンで木材が運び入れられます。
2階の柱を立てますよ。
柱完了!
壁材を運び入れます。今すぐ使うものではありませんが、屋根が出来上がる前に必要な物を準備しておかないと、いざ使うときの搬入に手間が掛かるからです。
桁(けた)で柱を水平方向につないでいきます。
桁は屋根の荷重を柱に伝えます。
この辺で午前中終了です。だいぶ屋根が形になってきましたね。
一番高い所の棟木(むなぎ)が登場です。棟木を支えているのは棟束です。そして、棟木の左側に並んでいるのが母屋(もや)です。母屋を支えているのが小屋束です。上棟前半戦をご覧頂いた方は聞き覚えがあるでしょうか。床にも、屋根にも束があるんです。
母屋に垂木(たるき)をかけていきます。
垂木は屋根材を支えます。ということは
屋根が完成です。片側の…このころになると
風邪が吹いてきて、自然に体を動かしてしまう寒さです。
上空にはオスプレイも。
工事はもう片側の屋根へと進みます。
この頃になると見てる側は「がんばれ!」「あと少し!!」と応援体制です。
無事上棟です(^^)/

みなさんお疲れさまでした。
気温が低い中での工事でいつもより体力を消耗したのではないかと思います。

体調には気をつけてくださいね(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

裾野市K様邸 上棟

2020.01.24

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市K様邸、いよいよ上棟を迎えました。が、
その前に、
基礎の立ち上がりの上に乗っている土台を紹介します。土台は基礎と柱を繋ぎます。
柱からの荷重を基礎に伝えます。その土台を留めているのがアンカーボルトです。
基礎の立ち上がりからつんつん出ている短いボルトがアンカーボルトです。これが
土台と繋ぐとスッポリはまるんです。
長いホールダウン金物の完成形はもう少し後になります。
土台とセットで登場するのが基礎パッキンです。土台の下に敷いている黒色です。コンクリートは湿気を帯びやすい性質があります。土台と基礎がくっついていると湿気を吸ったコンクリートの水分が土台へと移ってしまいます。
そうすると、土台本来の力が発揮できなくなってしまいます。そこで基礎パッキンの出番です。基礎と土台の間に通気層を設けて湿気から土台を守っています。黒い足がはえてきました。
これは束(つか)といいます。束が付いている木材は大引きといいます。大引きは床を支え、束は大引きを支え、荷重を地面に伝えます。束は床束と小屋束があるんですよ。見た目は全く違いますが(;^ω^)小屋束は屋根を支える部材の1つです。
あとで登場するかも?!
さあ、そろそろ上棟へ参りましょうか(^^)/
天気はくもり。1月なので寒いのは当たり前なんですが、こちらは会社のある三島とは気温差がある所でして…
寒さにパンチがきいております(>_<)風がないのが救いです。
上棟へ向けてスタートです。まずは、通し柱が配置されました。通し柱は1階から2階まで切れ目なく繋がっている柱です。
土台には柱が入るように穴があいています。その穴をホゾ穴といい、柱はホゾ穴に入るように加工されています。
強引に入れていくのではなく、柱をゆらゆらさせながらはめ込みます。どうしても入らない時は、
木槌でコンコンします。
柱は入り始めると早いです!!
続いて、胴差しの登場です。胴差は2階の床の高さで建物周りをぐるりと巡る横架材です。
柱から出っ張りが見えますか。これがホゾです。胴差のホゾ穴と合わせて木槌でドンっとすると
入りました(^^)/これの繰り返しです。
同時進行で、金物で留めていきます。いつものメンバーなので、役割分担も完璧です。
梁の登場です。
梁には、養生がしてあります。リビングのアクセントとなる化粧梁です。
声を掛け合って慎重に、そしてクレーンの運転手さんとも合図を送って場所を合わせていきます。

まだ前半戦ですが、今回はここまで(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

三島市M様邸 内装工事

2020.01.22

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市M様邸、クロスが貼られています。
玄関を入って正面にアーチ型がかわいらしいニッチがあります。巾木、窓枠、クロスも白を基調とし、やわらかい雰囲気です。
リビングに入ると、大きな段ボールが陣取っていました。
回り込んで覗くと、タカラスタンダードさんがキッチンを設置している所でした。キッチンはまだすっからかんです。
食器棚は設置完了です。
リビングからキッチンを見るとこんな感じです。食器棚の木目調の色合いとアクセントクロスが素敵~(*^^*)ナチュラルな色合いなので、観葉植物を1つ置くだけで一段とおしゃれなキッチンになる予感です!!
シルバーの四角、何か分かりますか?!
裏には配線が付いています。
食洗器でした(^^)/
食洗器を配線している所です。小さなライトで照らしながらの作業です。
キッチンの天板が外で出番を待っています。ちなみに、汚れないように下にシートが敷いてあります。
天板の出番のようです。
蛇口をつけて
いざ、キッチンへ!!
ゆっくり、声を掛けながら下していきます。思わずのぞき込んでしまいます。
キッチンらしくなりました(^^)/タッチレス水栓です。手をかざすと水が出るという優れもの。この形、かわいい~(*^^*)
キッチンの引き出しはまだ待機中です。
こちら、IHコンロのコンセントなんですが、(-.-)←この顔文字そっくり!!これから、コンロが設置されます。
クロスはと言うと、1階は完了していました。只今、2階のトイレを施工中です。
ですので、2階はアフリカンな感じが漂っております。
クロスは次回のお楽しみに♪

という事で
どうぞご安全に。

裾野市K様邸 給排水工事

2020.01.21

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市K様邸は、給排水工事が始まりました。
基礎が完成したタイミングで給排水工事を行います。1階の床を施工してしまうと、床下が隠れてしまい工事の効率が悪くなってしまうからです。
水色のホースは、給水管です。写真右上にあるピンク色はこれから配置される給湯管です。
このホースは2重構造になっていて、”架橋(かきょう)ポリエチレン管”と保護剤で構成されています。グレーのテープで保護されているのが架橋ポリエチレン管です。
架橋ポリエチレン管は合成樹脂で出来ていて、よく曲がり加工性、施工性に優れた管です。架橋ポリエチレン管を覆っている保温付きチューブです。
ヘッダーから家全体へ給水・給湯管が分岐されています。この方法をヘッダー工法と言います。
屋内排水管も設置されています。水は高い方から低い方へ流れるので、勾配がついています。
同時進行で屋外給排水工事も進んでおります。
屋内排水管と屋外排水管が合流するポイントで”桝”を設置します。桝は地上に顔出している丸いヤツで、清掃や点検が簡単に行えるように設置します。
水道管が水道メーターに繋がれました。黒い細めの管が水道管です。
写真右手が建物に、左側が水道本管に繋がっています。
給排水工事は終了しました。もうすぐ上棟です(^^)/
突然ですが、この車…
工事道具がびっしりです。色々な道具が必要なんですね~。

という事で
どうぞご安全に。

三島市M様邸 内装工事

2020.01.18

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市M様邸、内装工事が始まりました。

内装工事前
内装工事中

内装工事前の方が整って見えますね。大工工事が完了し、クロスを貼る準備が始まりました。わたしはこの状態を見ると、よくアフリカの部族が顔や体にペイントしているじゃないですか。それを連想してしまいます。なぜでしょう…(;^ω^)
白く塗られた所は、石膏ボードを留めているビス穴や継ぎ目です。それを平に整える為にパテを塗っています。石膏ボードにクロスを貼っていくので、表面を均すことできれいにクロスを貼ることができます。
クロスを貼るところすべてにパテ埋めをしていくので、只今家中アフリカンです(^^)/
パテ埋めのあと、やすりで表面を整えます。下地次第で仕上がりも変わってきます。
下地準備が終了し、玄関土間収納からクロスが貼られていました。
こちらは、糊付け機です。糊は時間が経つと乾いてしまうので、ある程度の場所の分だけ糊付けをしていきます。
糊付けされたクロスです。糊付けされた面と面が合わさるようにたたんで乾燥を防いでいます。
階段に立てかけられていた脚立です。脚立の足の長さが左右で変えられるようになっているんですね。今まで気づきませんでした。『へぇ~』と思った瞬間でした。
クロス貼りは序盤戦という所です。ただ、ここからの変化がすさまじく、あっという間に仕上がっていきますよ(^^)/楽しみにしていてください。

という事で
どうぞご安全に。

 

三島市O様邸 地鎮祭

2020.01.17

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市O様邸、地鎮祭を行いました。
この日は週末の大安で日が良く、午前中にも地鎮祭がありました。大安はあらゆる物事に良いとされる日です。工事の無事、家の繁栄を祈願する地鎮祭にはぴったりの日です。
祭壇を囲うように4隅に竹が立てられています。神さまは清浄であることを第一としていて、神さまが降臨いただく場所は祓い清められた聖域でなくてはならないそうです。そのために忌竹(いみだけ)を立てて、縄を張り巡らし聖域であることを示しているんです。
3人姉妹はおそろいのお洋服で登場です。
お施主様のご兄弟、ご両親も参列してくださいました。
地鎮祭が始まりました。
その矢先、次女のMちゃん笑いが止まりません(;^ω^)どうやらツボにはまったようです。みんなが真剣な雰囲気の時にツボにはまると、抜け出すどころか、よりはまってしまうものです。
あたしはMちゃんの笑いが完全に伝染していました。みんな、こらえるのに必死だったんじゃないかしら?!
そんな中、三女のIちゃんに異変!!今にも泣きだしそうな顔…Iちゃんは怖かったようで、パパのお膝に移動しました。
祝詞奏上です。神さまに工事の安全を願い祝詞を奏上します。
今度は長女のKちゃん。カメラを向けると変顔の大サービスです(^^)
なんか真剣にやってるなぁと思ったら
石をたくさん積んで得意気(*^^*)
参列してくれたちびっこみんなで四方をお清めです。
ん??
次女のMちゃんはどこに???
Mちゃんはカメラマンになっていました。
このちびっこカメラ、普通に撮れるんですって。Mちゃんも一緒に写真を撮りたいのに、撮影に夢中なので…
こうなります。Mちゃんはみんなを撮影し、その後ろでMちゃんを撮り、更にその姿を私が撮影します。
家族全員で鍬入れです。
参列者全員で玉串奉奠をしました。Iちゃんもすっかりご機嫌になりました(*^^*)
神主さんのOKをもらい盛砂でお砂遊びに突入です。

乾杯と
記念撮影です。なぜか「1.2.3.だぁ~!!」の合図で(^^)/
最後に敷地の角にお神酒とお塩でお清めをしてくれました。

たくさんの方に参列頂き、賑やかな地鎮祭となりました。
記念の石積みです(*^^*)

という事で
どうぞご安全に。

沼津市 大岡建売 完成

2020.01.15

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
沼津市大岡、弊社建売住宅ついに完成いたしました。
まずは玄関です。重厚感のあるブラウンの玄関ドアが外壁の色と調和され落ち着いた雰囲気に仕上がりました。玄関は誰もが目にする場所であるからこそこだわりたい空間です。
玄関を入いると正面に階段と洗面所の扉、左側がリビングになっています。家全体の建具はブラウンで統一されています。
LDKは15.8帖、通常より大きな約2m50cmの引き違い窓で明るい空間になっています。窓はシャッター付で、防犯・防災面でも安心です。
床材は表面のシートにコーティングがされていて、傷や汚れが付きにくい丈夫な床材です。さらにノンワックスでOKなんですよ(^^)/
キッチンは『タカラスタンダード』さんです。ホーローは油汚れが水拭きだけで簡単にとれて、傷にも強い材質です。毎日使うキッチンをいつまでもきれいに保つことができます。
カウンターのマガジンニッチでお気に入りの本や雑誌で自分好みにアレンジできます(*^^*)
洗面所のテラコッタ調のクッションフロアが目を引きます。浴室、洗面台も『タカラスタンダード』さんです。
2階主寝室です。おやすみまでの時間をゆっくりお過ごしいただけるよう、落ち着きのある色のトーンにしました。
2.6帖のウォークインクローゼットです。
6帖の子供部屋です。2面採光で明るく風通しの良いお部屋です。
もう1つの6帖の子供部屋です。白を基調にしているので、木目調の建具がアクセントになっています。
白は汚れが目立つというデメリットもありますが、お部屋を明るくし圧迫感のない空間にしてくれるというメリットもあります。
こちらの住宅は建売となっております。1/18(土)、1/19(日)に現地販売会を行います。
広さ感やお部屋の雰囲気を実際にご覧頂ければと思います。

詳しくはこちら
https://taiyokomuten.co.jp/event/14700

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ