新築戸建施工日記

月別: 2020年7月

三島市S様邸 新築工事

2020.07.31

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市S様邸、新築工事の様子をご紹介します。
外壁下地はほぼ貼り終わっている様子です。お天気の様子で次のステップへという感じでしょうか。
1階床が貼り終わっていました。ちなみに、1階も無垢材を使用しています。
無垢には、表と裏があるんです。年輪の外側(表面に近い方)を木表(きおもて)、木の中心に近い方を木裏(きうら)と言います。
無垢には、調湿作用があります。部屋の湿度によって無垢が水分を吸収、放出し快適な空間にしてくれます。反面、調湿作用によって反りや隙間が生じてしまいます。
溝が入っているのが分かりますか。これは、反りを少しでも軽減するための工夫で反り止めです。でも、自然の力には敵いませんけどね。
この日の大工さんは、制震装置”ダイナコンティ”を付けていました。Dinamic(ダイナミック=力強く) Continue(コンティニュー=継続的に) 「地震から守る力強さと繰り返す地震からずっと守り続ける」という思いを込めて”ダイナコンティ”と名付けられたそうです。
地震だぁ!の瞬間からダイナコンティは揺れを緩やかにする動きを始めます。オイルが建物の揺れる方向とは反対に動き、揺れにブレーキをかけます。早い揺れをゆっくりに、大きい揺れを小さくします。
円柱状の部分がオイルダンパーで、オイルの粘りが強い抵抗力となります。震度「5」の場合、建物内での体感震度は「3」程度になるそうです。
そんなすごい力を発揮するダイナコンティですが、とってもコンパクトなんです!ティッシュと同じ大きさですよ(^^)/
で、こっちは、ティッシュより若干大きいボンドです。実際の方が迫力があります!!その迫力が写真だとどうも半減してしまうので、現場で見る機会があれば是非!!
2階は、壁の下地、石膏ボードが準備されています。

ということで
どうぞご安全に。

三島市H様邸 (二世帯住宅) 

2020.07.29

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市H様邸(二世帯住宅)、建替え工事の様子をご紹介します。
足場が外れました(^^)/
不規則な石積み調のサイディングに重厚感があり、全体を引き締めています。カリスブラックと言う色なんですが、真っ黒ではなく、よ~く見ると微妙な色の濃淡が付いているので、立体感が出ています。
2階の様子です。壁に模様ができました。
これは、石膏ボードを留めているビス穴や
石膏ボードの継ぎ目をパテで整えているんです。
で、壁や天井に模様ができる訳です。
ビス穴がパテで埋まっています。パテを塗るのは、クロスを貼る前の準備です。下地が凸凹していると、クロスの仕上がりに違いが出るからです。特に時間が経過すると、ビス穴がクロスに浮いてきてしまったり…なんて事にも。
出隅(ですみ)に使う補強テープです。出隅は出っ張った角です。反対に凹んだ角を入隅(いりすみ)といいます。
ただ、パテを塗るだけでなく、状況に応じてアイテムを使用し、きれいな下地を作っていきます。
パテです。
パテはとっても細かいお粉です。水を加えてペースト状にしたものを、塗っていきます。
パテ塗りが終了すると、クロス貼りが始まります。
帰り際、玄関出てすぐの壁にこんなアイテムをみつけました。
たくさん荷物がある時に、とりあえず掛けておけるフックにもなるし、
傘を掛ける事もできます。濡れた傘の避難場所になります!便利~(*^^*)

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.07.28

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、地鎮祭の様子をご紹介します。
朝から、強い雨が降ったり止んだり。。。地鎮祭の準備中はひどい雨でした。祭壇は雨バージョンでテントの中に作ります。
神様に聖域である事を示す忌竹(いみだけ)も、テントの中にちゃんと立っていますよ(^^)
地鎮祭が始まる頃になると雨が止み、青空も覗く空模様に。雨が止んでいるうちにと、地鎮祭スタートです!
開式の辞。神主さんから地鎮祭を始めるご挨拶です。
修祓の儀(しゅばつのぎ)。お供え物や
参列者を祓い清めます。
降神の儀(こうしんのぎ)。祭壇の真ん中にある神籬(ひもろぎ)に神さまをお迎えします。
神主さんの「おおおおぉぉ—–」が降神の合図です。
献饌(けんせん)。神さまにお供え物を召し上がって頂きます。お酒やお水の蓋を取ります。
祝詞奏上(のりとそうじょう)。誰が、どこに新築工事をするのかを神様に告げます。時代劇で言うと、お食事をしている黄門さまの前で、助さん角さんが「ははぁー!」と頭を下げて、報告している感じ??でしょうかね(;^ω^)
四方祓い(しほうはらい)。土地の4隅を祓い清めます。
奥様にもお手伝いして頂き、お米、お塩で清めます。
最後、トイレが出来る場所もお清めです。
鍬入れ(くわいれ)です。鍬入れの作法を神主さんが伝授しています。日本人でも。。。なのですから、イギリス人のご主人は大変です!!
ご主人だけで「えい!」
奥さんと一緒に「えい!」(^^)
この頃になると、蝉が鳴きはじめ、雲の隙間からはお日さまが顔を出し、気温上昇中です。カッパを着ているから余計に蒸し暑い(;^ω^)
玉串奉奠(たまぐしほうてん)。工事の安全を祈願して、玉串を奉ります。神主さんが熱心に、ご主人に作法を教えているのを一緒に聞き入ってしまい、記念すべきご主人の玉串奉奠を撮り損ねてしまいました<(_ _)>
昇神の儀(しょうじんのぎ)。神さま、お帰りになります。これまた「おおおおぉぉぉーーー」が合図です。
お神酒で乾杯(^^)
記念撮影です。この日は、いつも元気なNくん、Nちゃんはお留守番です。「連れて来たかったんだけど、雨が好きで遊んでしまうから(^^)」と奥さん。始まる前は、延期を検討するほどの雨だったんです。

でも、地鎮祭の間、雨は止み、そして終了後、ものすごい勢いで雨が降ってきたんです!!これはもしかしたら、神技かっ?!日頃の行いでしょうね(^^)

いよいよ工事が始まります!!

という事で
どうぞご安全に。

三島市S様邸 新築工事

2020.07.25

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市S様邸、新築工事の様子をご紹介します。
外壁工事が進んでいます。外壁材で現在主流なのが、サイディングです。なので、いつもの流れですとサイディングが貼られていくのですが、S様邸は塗り壁です。外壁に貼られているのは仕上げ材ではなく、下地なんです。
この下地、ぱっと見た感じは、壁下地の石膏ボードです。
が、サイディングと同じ成分で出来た、窯業系(ようぎょうけい)で、主原料はセメントです。
この下地を壁全体に貼り、その上に仕上げ材を塗っていきます。塗り壁は、私、初めて見る工事なので興味深々です(^^)/お楽しみに。
外壁下地と基礎立ち上がりの間に青色の養生がされたものが付いています。これは、土台の水切りです。雨が外壁を伝わり下に流れて、土台に侵入するのを防いでいます。
水が土台に侵入すると、腐りの原因になります。木材にとって水は大敵なんです!!土台を守っている大事な水切りです。
この日の大工さんは、玄関上がり框(あがりかまち)、取り掛かかり中です。
上り框は、玄関の”内”と”外”を分ける段差に取り付けられている木材です。
只今、固定途中です。
2階の様子は、床材がすべて貼り終わり養生がされました。こちらは、大きな窓が特徴のLDKです。
S様邸は、アカシアという無垢材を使用しています。無垢とは1本の大木から木目に沿って切り出した板材です。切り口をご覧頂ければ一目瞭然なんですが、写真が微妙に下手でした<(_ _)>年輪がなんとなく分かって頂けるでしょうか。
反対に、1枚板ではない物とは。。。集成材、合板です。こちらは合板です。薄い板を何枚か重ねて貼り合わせたものになります。
階段が組まれる場所に、1階から2階床を超えるなが~いのがいます。階段に使う物らしいのですが…。取り扱いが大変そうです(>_<)
大工さんが使っている接着剤です。これビッグサイズなんです!!当然プロ用ですものね。3つ並んでるからより一層と思って撮ったんですが、あんまり大きく見えないですね(;^ω^)でも載せちゃう。

という事で
どうぞご安全に。

三島市K様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.07.24

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市K様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子をご紹介します。
工事用の玄関から正式?!な玄関に変わりました。
こちらの玄関には、インターホンが2つあります。二世帯住宅ならではですね(^^)カギは、タッチキーです。最近の車では一般的になっている、ボタンを押すと解除されるタイプです。
1階LDKです。
ナチュラルな色のフローリングと
キッチンや食器棚の白がとてもさわやかです(*^^*)
タカラスタンダードさんのキッチンは、お手入れ楽々の”ホーロー”が特徴です。
ホーローは磁気を帯びています。その特徴を利用した引き出しの”仕切り”があるんです。
この仕切りの底には
磁石がついています。ホーローを使っている所なら、くっつきます(^^)/
収納する物の大きさが変わっても、仕切りの微調整が効く所が便利ですね。
玄関や
1階トイレ
お風呂には手すりが付いています。当たり前ですが、手すりは人を支えます。だから、将来手すりを付けようと思っても、壁に丈夫な下地が入ってないと手すりはつけられません。今はいらないけど、将来は…と思う方は、あらかじめ下地を入れておいてもらうのもいいですね。
2階LDKです。
キッチンはグレーの木目調です。石積み調のクロスとも馴染んで素敵に仕上がりました。
今は板間ですが、和室になります。畳はお引渡し直前にいれますよ!
この日も朝から、元気なお子さんの声が聞こえていました。
水遊びの後は、お庭でバーベキューですって(^^♪しかも、新居での記念すべき1回目のBBQだそうです。

もうすぐ、K様もお引渡しを迎えます。より一層にぎやかな分譲地になりそうです(^^)

という事で
どうぞご安全に。

三島市Ⅰ様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.07.22

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)の新築工事の様子をご紹介します。
間取りや内装が決定すると、いよいよ工事がスタートします。その前に、工事の安全祈願やその土地を利用することを神様に報告をする、地鎮祭を行いました。
前日から降り続いていた雨は止まず、静岡県の一部の地域には警報が出るほどの雨。。。I様のテント、とっても助かりました<(_ _)>
開式の儀。地鎮祭スタートです。
修祓の儀(しゅばつのぎ) 参列者やお供え物を祓い清めます。
降神の儀(こうしんのぎ) 神様をお迎えします。神主さんが「おおおおぉぉぉーーーー」と発するのが合図です。
好奇心旺盛なRくん。ママのお膝の上でもお構いなし!只今、祝詞奏上中です。
四方祓い。土地の四隅をお祓いし、清めます。
地鎮の儀 盛砂に鍬入れをして頂きます。
古くは、鍬(くわ)で土地を掘り起こし、鋤(すき)で土地を均し土台を造っていたという事から、土地に人間が手を加える様子を神様の前で伝え、お許しを得るという意味が”地鎮の儀”にはあるそうです。
玉串奉奠(たまぐしほうてん) 工事の安全を祈願して玉串を奉ります。
昇神の儀(しょうじんのぎ) 神様がお帰りになります。この時も神主さんの「おおおぉぉー」が合図ですよ(^^)/
記念撮影です。
途中、雨は止むどころか、ひどくなったり。。。
でも地鎮祭が終わると、雨が止むという、あるあるの状況となりました。つい、神さまにお許し頂けた合図なのかなぁなんて感じてしまいます。

さて、建築業界で「お疲れ様です」のような挨拶の言葉があるんです。それは「ご安全に。」です。日常では使わない言葉ですが、いつも施工日記の〆の言葉で使っています。今回、I様邸初めての施工日記になりますので、前置きを入れさせてもらいました。

いよいよ工事がスタートです!!

という事で
どうぞご安全に。

三島市H様邸(二世帯住宅) 建替工事

2020.07.21

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市H様邸(二世帯住宅)の建替え工事の様子をご紹介します。
1階、仕上がっていました。壁の下地、石膏ボードが天井まで貼られています。
1階キッチン、
巾木(はばき)も装着完了。巾木が付けられると大工工事は終了です。
1階はご主人のご両親の生活スペースとなります。トイレを出た所や玄関には手すりが付けられています。将来を見越してという事もありますが、手すりは年齢にかかわらず、あると案外自然に手が伸びる物なんですよね。
この日の大工さんは、こちらの建具を作っていました。メーカーさんから購入する建具は基本、内装工事終了後に取り付けますが、こちらの建具は大工さん作なので、特別です。どこに付ける建具かと言いますと
2階食器棚の3枚引き戸になります。
”戸”の下の部分には、フローリングの残り物をはめ込みます。これは、フローリングを捨てようとした所を見て、お施主さまが思いついたアイデアだそうです。
タフユカと言って汚れや傷がつきにくい丈夫な素材なので、キッチンにはピッタリですね(^^)
只今お施主さま悩み中。建具の”木”の部分を何色にしようか迷っているんです。と言うのも、自分で塗装をするからなんです!
ちなみに、この日も棚の切り口を塗ったそうですよ。「楽しくなってきちゃって(^^)」と。やっぱり、大工さんの娘さんですね~。
悩んでいる間に
3枚目が完成です。あとは、塗装だけですね。仕上がりを楽しみしてますよ~(^^♪
電気屋さんは、電気配線図を見ながら、接続を最終確認しています。

工事は、大工工事から内装工事へと移っていきます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市K様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.07.18

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市K様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子をご紹介します。
大工さん、最後のお仕事中です。今までなかった物が付いています。
室内の”戸”です。部屋を仕切る物や、収納の扉などです。総称で建具(たてぐ)と言います。
こちらの建具は通常ある物がまだついていません。それは、
取手です(^^)/穴が開いた状態で搬入されるんです。
これは、鍵付きパターンで
この〇は、トイレの明かり窓です。人が入っているかどうかを確認する、あの小さな窓の穴です。
それらはすべて
大工さん付けていくんですよ。これが大工さんの最後のお仕事になります。
いつもの見慣れた姿になりました(^^)/
小窓も装着完了。
ドアを閉めた所をお見せしたいのではなく(;^ω^)これは、今ドアを調整しているんです。
付けて終了という訳ではなく、ドアの位置がレール部分としっかりかみ合っているか、微調整して完了です。
2階の建具はこれからです。
こちらのお施主様は、エアコンも弊社にてご購入頂いたのでエアコン設置も完了しております。
そして、室外機が室内で待機しております(^^)
洗面台や
トイレも設置完了し、
バルコニーのFRP防水も仕上げ材が塗られました。

あとは、クリーニングを待つだけです。完成まであと少し!!

という事で
どうぞご安全に。

三島市S様邸 新築工事

2020.07.17

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市S様邸の新築工事の様子をご紹介します。
外壁用の防水シートが貼られています。
この日は、外壁屋さんが胴縁を施工していました。
胴縁は、縦に付けられている木材の事です。
外壁の仕上げ材と防水シートの間に胴縁の厚み分の空間ができます。この空間は、壁の中の空気の通り道になり、湿気を外部へ逃がしています。この通気層がないと、壁内の湿気が溜まって結露を起こし、腐りやカビの原因になってしまいます。
1階の様子は、ユニットバスの設置が完了しています。
壁全面が大理石調のパネルで高級感あふれる雰囲気です。
こちらは、外用収納です。玄関土間収納とは少し違うんです。
収納の為の入口があるんです!玄関を通らず外で使う物を収納できる、物置きが建物に内蔵されている感じでしょうか。
只今大工さん、フローリングの割り付け中です。
1つ1つ木目も違う、そして長さもこんなに種類があるんです。それをどう貼っていくかを決めているんです。
主寝室の様子です。
写真を撮る方向が違うだけで、表情が変わります。
アカシアは、真っすぐ縦に走る木目に、所々渦巻く模様があるのが特徴です(^^)/
こちらは、子供部屋Nちゃんのお部屋です。一足先にフローリングが貼られ、養生がされていました。この養生は、クリーニングまで外れません。完成間近までのお楽しみです。

という事で
どうぞご安全に。

三島市H様邸(2世帯住宅) 建替工事

2020.07.15

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市H様邸(2世帯住宅)建替工事の様子をご紹介します。
1階の様子です。壁で仕切られ、部屋感が出てきました。
LDKには小上がりの和室の登場です。
小上がりは、ちょっと腰掛けるにはちょうどいいんですよね。あると、つい座りたくなってしまいます。
また、高低差が立体感を作り、お部屋のアクセントにもなります。
段差部分が収納になっていて、引き出しタイプの収納が3つあります。
小上がりの雰囲気が分かりやすいように、大工さんが”ささっと”お片付けしてくれました(^^)
2階はすでに大工工事は完了しています。何度見ても立派なテレビ台と
食器棚&
本棚です(^^)/
キッチンカウンター横にあるアーチ型が特徴的なニッチ。
アーチ部分の下地の木はどうやって曲げると思いますか。力づく、もしくは時間をかけてゆっくり曲げていくとか…???
答えはこの木材です。これ
少しの力を加えると
簡単に曲がるんです\(◎o◎)/!
仕組みは、この断面に答えがあります。
通常合板は、繊維と繊維を互い違いに組み合わせて強度を出しているんです。だから上の写真の様に色味が違う断面が出来るんです。が、
これは、繊維を同じ方向に重ねて、弾力のある木材にしています。通常の合板の断面とは明らかに違いますよね。これは、曲げべニヤと言います。ほんとに簡単に曲がるんですっ!だから、こんにゃくベニヤとも呼ばれているんですって(^^)
1階もあと少しで大工工事終了する所まできました。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ