新築戸建施工日記

月: 2020年11月

裾野市I様邸 新築工事

2020.11.28

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市I様邸、新築工事の様子を紹介します。
外壁用の透湿防水シートとその上に胴縁が施工されています。
胴縁は壁内の空気の通り道を作ります。微妙に胴縁と胴縁の間に隙間を空けています。この隙間も通気を止める事なく、上に逃がすために必要な隙間なんです。
冬が近づいているというのにひまわりが咲きました(*^^*)玄関横、I様邸のポイントになる、まぁるい窓。この窓の周りにも、胴縁が付けられました。今だけ限定、胴縁ひまわりです(^^)/
制震装置『ダイナコンティ』オイル系木造建物用の制震ダンパーです。オイルの粘りを利用して、地震による揺れをゆっくりに、建物の傾きを軽減する装置。最近、制震装置を付ける方が多くなっています。もしもの時の備えは心強いものですよね。
壁に断熱材のグラスウールが敷き込まれました。
断熱材は、高性能グラスウール16Kを使用しています。今は、断熱材も色々な種類がありますよね。その中でも、性能とコストのバランスがいいことから、高性能グラスウールを採用しています。
室内は、床材が貼り進められています。
I様邸は、1階LDKにナラの無垢床を使います。
ナラ材は物を落としたり、こすったりしても傷がつきにくい木材です。また、耐水性に優れていて、キッチン周りにも向いています。ウイスキーの樽として使用されるほどの耐水性の高さなんだそうです。
フローリングは貼りながら養生をしていくので、貴重なタイミングです!
これは何でしょうか?!
床下収納庫でした(^^)普段使わない調理器具や食器、防災グッズなど日常使いではない物の避難場所として便利です。床下点検口も兼ねています。

という事で
どうぞご安全に。

裾野市K様邸 新築工事

2020.11.27

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市K様邸、新築工事の様子を紹介します。
屋根には、太陽光パネルが設置されました。K様邸は、4.48kwの太陽光パネルが乗っています。4人家族では、十分な電力が得られます。
1階外壁の色は
白の中でもさらに白が際立つ、『マックスチタンホワイト』です。外壁の透湿防水シートよりも白く感じます。白は汚れが…と気になる所ですが、K様邸の外壁は、日光で汚れを浮き上がらせ、雨水で流すという光触媒コーティングがされているタイプなんです!!
2階は
木目柄、ブルレウッドⅡの”ブルレチタンアッシュ”という色です。
ヴィンテージ風の木目カラーで、こちらも光触媒コーティングされています。
サイディング施工中を上から見ると、外壁材との間に空間があるのが分かりますでしょうか。これが、以前お話しした外壁内の空気の通り道になります。
軒天にボードが貼られました。
穴があいているのは通気を取るためです。軒天ボードが貼られると、外まわりの大工工事がまとまった合図です。
室内は、フローリングが貼られています。フローリングは、お引渡し直前のクリーニングまで養生が外れません。それまでのお楽しみ(^^♪
大工さんは、奥の方から壁の下地
石膏ボードを貼り始めました。
階段を側面から支える”ささら”も登場。大工工事は、外まわりがまとまり、室内が進められます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市SR様邸 新築工事

2020.11.25

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市SR様邸、新築工事の様子を紹介します。
上棟後まず最初に、構造用ハイベストウッドを施工します。
施工された1階室内の様子です。窓がないので暗く、声が響きます。上棟後は、雨の影響を受けやすいので、外まわりから工事が進められます。
サッシを施工する為、それを支える間柱(まばしら)を付けていきます。
間柱は柱と柱の間にある柱です。少し細目の柱が間柱。壁の下地にもなります。
斜めに掛かっているのは、筋交い(すじかい)です。筋交いは、水平力に抵抗し変形を防ぎます。とても重要な役割を持っているので
筋交いには欠き込みをしてはいけません。間柱に欠き込みをして、筋交いを取り付けています。
筋交いは金物で柱に固定します。
ホールダウン金物も柱に固定されました。ホールダウン金物は、柱が土台から抜けるのを防ぐための補強金物です。基礎から登場していたホールダウン金物ですが、これが完成形となります。
1階床も施工され
窓設置完了。約1週間ほどで”家”らしくなります。
外まわりの代表格バルコニーは
モルタルで勾配がつけられました。FRP防水はこれから施工されるので、ブルーシートで養生がされています。この段階で、バルコニーが木材である事を忘れる変貌っぷりですよね。
屋根材のガルバリウム鋼板が施工されました。
ガルバリウム鋼板は軽いので、屋根の負担が少なく、耐震性も高い素材です。ガルバリウムはアルミニウム、亜鉛、シリコンを組み合わせた合金。このガルバリウムでメッキした鉄をガルバリウム鋼板と言います。
ちなみに亜鉛でメッキした鉄は”トタン”なんだそうです。メッキ成分によって、鉄の寿命が大きく変わるんですね~。

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.11.24

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、新築工事の様子を紹介します。
北側から見ると「白の外壁かなぁ。」
南側に向かう途中も白。
南から見るとシルバー。光の加減で色味がこんなにも違って見えます!!
横貼りタイプのガルバリウム鋼板、メタリックシルバーです。
この日、大工さんは階段に取り掛かっていました。壁に立てかけられている白色の木材は、階段を側面で支える”ささら”
ある程度加工されて搬入されますが、現場で合わせて、さらに調整が必要になります。
2階のお部屋
トイレ
ウォークインクローゼット仕上がっていました。
床と壁の境目に巾木(はばき)が付けられています。巾木は、日常生活の衝撃から壁を守っています。例えば掃除機をかける時、壁を「ゴンっゴン!!」しませんか。何気ない動作が壁にダメージを与えているんですよ(;^ω^)この巾木が付けられると、大工工事が終了しました(^^)/という合図です。
階段を上ってすぐのホールに
手すりがつきました。ファミリースペースになります。大きな窓があるので、とっても明るい空間です。
1階のリビングの一部が吹き抜けになっています。1階から見上げた所。
下を覗いた所。このスペースは、Nくん、Nちゃん、大好物間違いなし!!
1階も仕上がってきましたよ。アーチ形の入口がとってもいいポイントになってますね。
階段も完成。

大工工事ほぼ終了。
これから、内装工事へと移っていきます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市S様邸 竣工式

2020.11.23

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市S様邸、お引渡しの日を迎えました。
天気は雨。玄関にて竣工式を行います。テープカット特設ステージが馴染んでいますね。非日常的な物が馴染んでしまう重厚感が、S様邸にはあります。
テープカットの準備が整い
竣工式スタートです。
大洋工務店からお祝いの一言と、S様のご挨拶。有難いお言葉頂きました<(_ _)>
記念品の贈呈です(^^)
この時期、ミニサイズの観葉植物が出回ってないそうで。鉢植えのお花がメインです。
Nちゃん、白い手袋つけてテープカットの準備中。
「3!2!1!」
おめどとうございます(^^)/

記念撮影(*^^*)
最後に、かんぱーい!
鍵のお引渡しです。
初めてのキーロック。ご主人意外とあっさりロック(^^)
そして、確認中。大洋工務店の現場から、S様邸になりました。
竣工式前、Nちゃんのお部屋を案内してもらいました。
お部屋の電気や
素敵な階段もNちゃんには遊び場になります。
カッパが掛けられたり
長靴があったり、
Nちゃんが何気なく通ったり。S様が暮らす空気間に変っていくのを感じました。
これから、S様ご家族が安心、安全、快適に過ごせる”家”である事を切に願っております。

最後に、
S様邸新築工事に際しまして、ご尽力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。
Nちゃんから、サプライズプレゼント(*^^*)とっても上手に書いてくれました。ありがとね。早速展示場に飾りました。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.11.21

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
外壁材のサイディングが貼り終わり
外壁材との継ぎ目に、コーキング工事が施工されました。
コーキングは、窓の周り、排気口の周りなどにも施工されます。外壁との隙間をコーキングで埋めているんです。
窓は雨漏りの代表格。原因の1つとしてコーキングの劣化にあります。コーキングは、ゴムのような素材で弾性があります。それが紫外線や雨風により硬くなり、ヒビが入ってしまいます。そこから雨水が室内に侵入してしまうのです。
”外壁のメンテナンスを10年くらいを目安にしてください”と言われる理由は、コーキング材の劣化や、サイディングの塗装に劣化が起こり、雨水侵入の可能性が高くなるからです。雨漏りは、快適に生活できなくなるだけではなく、建物の寿命も短くなってしまいます。I様邸は、高耐久性のコーキング材を使用していますよ。
1階は、天井が施工されました。
収納棚も付きました。部屋感アップしてきましたね(^^)/
これから、2階を仕上げていきます!
別の日。足場が取れました!!外壁の色は白ですが
玄関まわりや
2階の一部をレンガ調の模様で変化を付けています。こういう変化の付け方、個人的に好きです(*^^*)

大工工事は、終盤戦。

という事で
どうぞご安全に。

函南町M様邸 新築工事

2020.11.20

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
函南町M様邸、新築工事の様子を紹介します。
ベースコンクリートが打設されました。打設後一定の時間を置き、金コテでコンクリートを押さえます。
大洋工務店では、”押さえ”という作業を3回行います。この押さえをする事で、コンクリート表面を平たんにするだけでなく、耐久性の強化にもなります。この写真は、3回目の押さえを行う前の状態です。
養生期間を置き
立ち上がり枠を設置します。
コンクリート打設時の圧力に負けないよう、金具で固定。
茶色い筒は、排水管用スリーブです。筒の中に、コンクリートが入り込まないように設置し、排水管用の穴を確保しています。
オレンジの棒はレベルポインター。水平を出すための印です。一定の間隔で高さを測って取り付けています。
立ち上がり枠を設置、コンクリートが打設され
基礎が姿を現しました。
基礎立ち上がり天端の赤い印。これは、
レベルポインターの真ん中の丸です。丸が見える高さで仕上げるので、羽は隠れてしまうんです。
迷路のような基礎立ち上がり。
床下の点検や、水回りのトラブル等があった際、床下点検口から問題の場所まで床下を潜らなければなりません。玄関土間以外の床下は繋がっていますよ。お施主さまはお子様と歩いてみてください(^^)今だけ限定ですよ!!
室外から室内へと、給排水管が引き込まれました。
上の黒い管が水道管。
水道管は、白い筒のヘッダーと接続され、ヘッダーから水色の管”給水管”と各水栓をつなげ、水を送ります。
オレンジとピンクの管は、給湯管。お湯はエコキュートで貯湯され、ヘッダーを通じて各水栓へと送ります。ピンクの管をたどると
エコキュート設置場所に繋がっています。
エコキュート土台、勝手口ステップ
玄関土間打ちがされ、基礎工事まとまってきました(^^)/

上棟までカウントダウン始まりです!!

という事で
どうぞご安全に。

裾野市K様邸 新築工事

2020.11.18

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市K様邸、新築工事の様子を紹介します。
外壁材の下地となる”胴縁(どうぶち)”が施工されています。
胴縁の上にサイディングが貼られます。そうすると、胴縁の厚み分の空間が生まれます。この空間が壁内の空気の通り道になり、結露しにくい空間となります。結露は”木”の大敵です。色々な水対策はしていますが、水気を生みにくくする事が大事です。
胴縁は、外壁屋さんが施工します。”木”を扱う仕事は大工さんってイメージありませんか。空気の通り道となる胴縁は、決められた施工方法があります。餅は餅屋ってことですね。
1階や
2階の壁に断熱材が入りました。
グラスウールは防湿カバーで覆われています。単なるビニールではないんです(^^)
バルコニーの防水はFRP防水です。これは、バスタブなどに使われている防水方法です。防水性に加え、軽さと丈夫さが特徴です。仕上げ材をもう少し後に塗ります。
設備の中では、断トツ早い段階で登場するユニットバス。搬入や設置する作業スペースを確保するためには、壁が施工される前に設置する必要があるからです。
電気配線工事も、壁の施工前に進められます。
スイッチボックスも設置され始めました。
上棟時から気になっていた、正面の柱。
養生がされていて、姿を見る事ができません。気になる存在!!

大工工事は、外まわりから室内の工事に移ってきました。

という事で
どうぞご安全に。

裾野市I様邸 新築工事

2020.11.17

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市I様邸、新築工事の様子を紹介します。
上棟後は外回りを優先して工事が進められます。まず外壁に、構造用ハイベストウッドが施工されました。
構造用ハイベストウッドで、土台、柱、横架材を一体化し、壁面全体で地震力や風圧力を受け止めます。面で力を受け止める事で、どこか一部に負担がかかるのを防ぎます。
こちらは、床材です。28㎜の剛床で、地震や台風の水平の力に強く、ゆがみにくい床材です。
構造用ハイベストウッドと剛床ですぐれた耐震、耐風性能が得られます。
床用の断熱材です。
土台と土台の間の隙間に床用の断熱材を敷いていきます。
この日、左官屋さんがバルコニーの勾配を
モルタルでつけていました。バルコニーの防水工事を行うための下準備です。
そして、一番雨の影響を受ける屋根には、アスファルトルーフィングが敷かれていました。仕上げ材が防ぎきれなかった雨を、部屋まで入れないように守っているのが、ルーフィングです。
上棟直後にルーフィング工事は行われています。
窓、登場です。下側にペラっと付いているのは、窓用の防水シート。
窓は雨漏りする場所の代表格です。万が一の雨水の侵入に備えます。水対策は大事ですね。
室内は床が貼られ、
フローリング貼りが始まっています。

という事で
どうぞご安全に。

三島市SR様邸 新築工事

2020.11.14

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市SR様邸、新築工事の様子を紹介します。
掃出し窓のステップやエコキュート土台のコンクリート打設完了。
基礎立ち上がりに土台が設置されました。土台と基礎は
アンカーボルトで固定します。
土台の穴『ほぞ穴』に、柱が組まれます。
基礎と土台の間に挟んでいるのは、基礎パッキン。コンクリートは水分を帯びやすく、水分が土台に浸透するのを防ぐためのパッキンです。こちらは、通気タイプの基礎パッキンです。
で、こちらは、気密タイプの基礎パッキン。気密タイプは土間や浴室に使われています。気密だけに、穴がありません。
土台設置は、こちらを残すのみ。一仕事が必要な和室となる場所です。
畳を敷くので、他の場所より一段下げて土台を設置するため、現場で加工します。今まで気づきませんでした(;^ω^)
上棟時に使う羽子板金物の下準備が完了すると、上棟の日を待つのみです。
そして、上棟の日を迎えました。天気は、晴れ。だけど、さむいっ!!朝晩冷え込むようになってきましたが、この日はいつもより気温の低い朝でした。
まずは、予備の木材を床に敷き、足場を確保。そして、木材を組む位置に移動します。
1番最初に立った正面の管柱(^^)
1階管柱を、土台のほぞ穴に合わせて、ゆらゆらさせ組んでいきます。
管柱が組み終わると、横架材の胴差しや梁の登場です。
管柱の継ぎ目、”ほぞ”と
胴差しに空けられた”ほぞ穴”を合わせて、木槌で『ドン!ドン!!』
まだ、足場が少ないので、
2階の高さの平均台で木槌を振る感じでしょうか。しかも、ゆれる~。何回見ても感心してしまいます。
2階床下地を組み
床板を貼っていきます。
床板が貼られ、普通に歩けるようになりました(^^)/
2階管柱が、クレーンに吊られスタンバイ。
1階管柱と同じように、2階管柱も”ゆらゆら”させて組みます。
この空間は、階段になる場所です。
2階管柱に、梁や桁を組み
大工さんが準備した、羽子板金物で
固定していきます。
午前中で、ほぼここまで組み上りました。
午後の部は屋根の骨組み、”小屋組み”に突入しています。屋根の下地材を支える垂木(たるき)が掛けられ
下地材”野地板(のじいた)”を
貼っています。
この時、クレーン車が帰っていきます。木材はすべて吊り上げられたという事です。あと少し!!
オレンジ色の墨が付けられています。垂木の芯(中心)の位置に墨を引き、この線に沿って釘で留めていきます。屋根の上で細かい仕事もしているんですね。
無事上棟です。おめでとうございます!!

みなさん、ありがとうございました。

これから、大工工事が進んでいきます。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ