新築戸建施工日記

沼津市N様邸 基礎工事

2017.10.10

沼津市N様邸、現在基礎工事を行っております。

型枠にコンクリートを流し込み、耐圧盤の施工を行いました。耐圧盤は、建物を一番下で支える大変重要な役割をもっており、鉄筋のピッチや太さなど、基準がしっかりと決められております。

これから行う作業は、『立ち上がり』部分の施工になります。今鉄筋が見えておりますが、この鉄筋が『立ち上がり』の骨になります。型枠を施工しコンクリートを流し込み養生して完成です。立ち上がりは、木造の土台を支える重要な役割と、立ち上がりを作ることによって、基礎に空間ができ、住宅完成後、基礎内の点検を可能にしてくれます。基礎の中には、ヘッダーと呼ばれる水道設備や水道管などがあり、やはり点検は不可欠!!

こちらのN様邸は、7区画の分譲地内にて施工しており、道路も6mととても広く、生活環境としてもとても優れている場所だと思います。まわりの区画も現在建築中で、たくさんのメーカーや業者さんたちで、大変にぎわっております。まだまだ作業は続いていきます。

望月 洋和