新築戸建施工日記

沼津市M様邸(賃貸住宅) 工事スタート!

2018.12.08

沼津市M様邸(賃貸住宅)、着工いたしました!!

賃貸住宅ということで、ご自宅ではなく、お客様にお貸しするための住宅となります!!
完成しましたら貸し出しとなりますので、ご検討の方いらっしゃいましたら、お問合せいただけましたら幸いです(^‐^』

型枠の施工を行いました!!この型枠の中に、これから鉄筋を施工し、コンクリート打設を行います!!
耐圧盤というベースコンクリートになります。
現場監督はコンクリートを打設する際(コンクリートだけではないですが)、天気予報をしっかりと確認して、現場の段取りを行います。

弊社では、ベタ基礎を採用しております。

ベタ基礎とは、基礎の立上り(これから施工)だけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。建築物の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。
また、地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなります。

最近の木造住宅ではベタ基礎を採用するところがほとんどです。

ベタ基礎は不同沈下を起こさないといわれていますが、ベタ基礎を採用していても、軟弱地盤や敷地全体の地耐力が均一でない場合は、不同沈下が起こる可能性が充分あります。
したがいまして、基礎着工前の地盤調査、さらには調査結果を基にした地盤改良が非常に重要になってまいります!!
費用もかかりますが、それにつきましては、資金計画の中でしっかり予算を組んでいく事が大変重要になるかと思います。

それにしましても今日は夕方からめっきり冷えてまいりました。これから益々冷え込みが厳しくなり、現場は大変になるかと思います。師走の忙しい時期ですが、こんな時こそ現場の皆様、どうぞどうぞご安全に!!!

望月 洋和