新築戸建施工日記

カテゴリー: 沼津市 N様邸

沼津市N様邸大工工事完了

2018.02.11

大工さんの工事が完了しました!

いよいよこれから仕上げ工事に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場では、図面通りに施工するのがあたりまえですが、

工事中、お客様と当社現場監督、大工さんなどで、

話をしたり、工事現場を見て、ちょこっとした工夫をしてくれる事もあります。

ワンポイントになる飾り棚などもその一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの良い家にしたいという気持ちが、

住まい造りには大切ですよね。

そんなこちらのお住まいも、

3月10(土)11(日)には完成お披露目会を行ないます。

(詳しくは、見学会・イベント情報、当社スタッフへ)

完成が待ち遠しいです。

沼津市N様邸太陽光発電設置工事

2018.01.31

沼津市N様邸、太陽光発電を設置いたしました!!

太陽光発電6.48KW搭載!!

弊社では16年ほど前から、『省燃費住宅』という考え方をお客様にご提案させていただいてまいりました。『省燃費住宅とは』、太陽光発電を設置することにより、ランニングコストの削減、家庭からのCO2排出削減を実現し、また『床暖房』や『ロケット工法』とういう構造のしくみなどを併用することにより、長く快適に健康的に経済的にお過ごしいただきたいという思いで提唱してまいりました。

今の住宅業界の流れとしては『ZEH』(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)というものが主流になりつつあります。これはエネルギー収支をゼロ以下にするという住宅の事です。エネルギー消費量<自家発電量という事です。

現在ではZEHにした場合に国から補助金が出るなど、国をあげての政策となっております。

 

さて、現場に戻り、内部ではこれから仕上げ工事に移っていきます。

下駄箱の設置も、大工さんにしていただきました。

こちらのN様邸は、なんと4世代同居型の住宅となっており、ご年配の方もお住まいになります。したがって、バリアフリーはもとより、このように手すりなども設置致しております。2世帯住宅というのよく耳にしますが、4世代が同居となると、大人の人数や年齢差も激しいので、間取りや仕様など十分考慮させていただきました。

このところ雪予報がでるなど、本当に寒い日が続いておりますが、皆様くれぐれもお体には十分にお気をつけください!!

望月 洋和

沼津市N様邸大工工事

2018.01.22

沼津市N様邸、大工工事を行っております。石膏ボードの施工など、あらかた終わってきており、電気配線工事や大工工事もあとわずか!!

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

まだこれからの部分もありますが、棚材の設置などもほぼ仕上がってきております。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

↓こちらは小屋裏部屋へのぼる階段です。こちらのお宅には、小屋裏に、高さ1.4の部屋を設けております。主に収納として利用することになるかと思いますが、ご主人の書斎にもなっております。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

↓ここが小屋裏部屋です。整理棚も設置して、使い勝手は非常に良いと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

外観はほぼ仕上がっておりますが、これから太陽光発電を設置するため、足場はまだはずさずに、そのままにしております。ちなみに太陽光発電は6.48KWを設置いたします。発電量が多いので、家計にやさしく、弊社の目指している省燃費住宅となっております。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

それにしましても、毎日寒暖差が激しく、現場の皆さんも体調管理が大変だと思います。インフルエンザや風邪も流行しているので、くれぐれもお体に気をつけて、安全第一ですすめていただければと思います。

望月 洋和

沼津市N様邸大工工事

2018.01.12

沼津市N様邸、大工工事の最終盤となりました。

巾木や収納の棚の設置など、最後の細かな作業を行っております。

外観もほぼほぼ終わっておりますが、テレビアンテナ・電気配線の工事など、高所作業がありますので、足場はもう少し設置をいたします。

大工工事などの下地施工がもう少しで終わり、これからクロス施工、土間・左官工事といった、仕上げに取り掛かっていきます。

史上最大の寒波が日本列島を包み込んでいる昨今、インフルエンザも大流行しておりますが、お施主様・現場の皆さん、本当に健康にだけは十分に注意して頂きたいと思います!!どうぞご安全に!!

望月 洋和

沼津市N様邸外壁ほぼ完成(仕事始め)

2018.01.07

外壁の工事がほぼ完成しました。

外部ではこれから、太陽光パネルの設置や、

樋工事などを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9日より、大工さんも工事を本格的に再開していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月10(土)11(日)には完成見学会も予定しております。

(詳細は改めて、見学会・イベント情報にて告知します。)

本年も完成まで気を引締めて、頑張ります。

沼津市N様邸大工工事(仕事納め)

2017.12.29

沼津市N様邸、現在内部各所、大工工事継続中です!!

石膏ボードで各部屋の区画がほぼ終わっております。

こちらのお宅は、4世代が住まう二世帯住宅!!大人の人数が多いため、一般的な単世帯の住宅と比べて部屋数が多いので、区画にも多少時間がかかりました。

 

こちらは2Fリビングからの勾配天井です。小屋裏部屋があり、室内のデッドスペースを有効利用しております。

 

外周部は外壁の施工がほぼ終わっております。黒ベースのサイディングです。

2階の一部をベージュの外壁でアクセントにしており、とてもモダンな仕上がりになります。

 

今日は大工さんも仕事納め。現場の整理を終えて、ほっと一息といった感じです。大工さんも寒い冬の作業で大変だったと思います。他の現場の皆さんも、年末年始はゆっくりとお休みいただきたいと思います。

沼津市N様邸、本年最後の施工日記です。来年も引き続き作業が継続していきます。お施主様の人生がかかった、生活のかかった仕事を私どもはさせていただいておりますが、お施主様の思いをしっかりとうけとめて、来年も仕事に取り組むことができればと思います。

望月 洋和

沼津市N様邸大工工事中

2017.12.19

引き続き、大工さんによる工事が行われております。

現在、天井を仕上げる為の下地の施工中です。

棟梁の山口大工さんが下地でも、1つ1つ丁寧に工事を進めております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観では、概ね外壁が張りあがっていき、形や色が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

今年もあと少しですが、引き続き気を引きしめて工事を行っております。

沼津市N様邸外壁・屋根板金工事

2017.12.08

沼津市N様邸、屋根の施工ならびに外壁施工を行っております。

こちらは屋根の施工になります。屋根材には、ガルバリウム鋼板を標準採用致しております。ガルバリウム鋼板は屋根以外にも外壁として使用することもあります。色もたくさんあり、外壁として使用する場合には、外観がメタリックになり、男性からも女性からも好評いただいております。

ガルバリウム鋼板の大きな特徴は、耐久性に優れているという点です。屋根材はカラーベストや瓦屋根など、多くの種類がありますが、10年後にはメンテナンスが必要であったり、瓦に関しては重量があるため、地震があった際にはくずれて落下した際に被害が出る、または家のゆれが大きくなってしまうなど、様々なデメリットがあります。

その点ガルバリウム鋼板は、耐久性としては20年以上、軽量で長持ちというメリットがあります。デメリットとしていわれているのが、熱を帯びるというご指摘も頂きますが、それに関しては他の屋根材も同じで、熱対策として、弊社では天井に200mmの高性能グラスウールを使用して熱を遮断しております。

屋根に限らず、建材選びにおいて、いかにデメリットが少ないかという点にも是非着目していただきたいと思います。

 

こちらは外壁施工になります。外壁は、18mm厚のサイディングを標準採用しております。サイディングもやはり多くの住宅メーカーが標準採用しておりますが、デザイン性に富んでおり、施工やしやすく(つまり失敗するリスクが少ない)、費用対効果が高いという点が大きな特徴です。

外壁は北側から施工しております。

今日は本当に寒かったですねー。現場の職人さんたちも体調管理が大変だと思いますが、風邪には十分にご注意いただきたいと思います。どうぞご安全に!!

望月 洋和

沼津市N様邸(二世帯住宅)大工工事・防水シート

2017.12.01

沼津市N様邸(二世帯住宅)、ただいま大工工事中です。

外周部に防水シートの施工を行いました。

 

↓玄関ドアは開き戸が一般的ですが、こちらのN様邸は引き戸になっております。親子4世代の二世帯住宅で、ご年配の方も同居されるので、「開き戸よりも引き戸がいい」というご要望をいただきました。最近では、若い世代の方のおうちでも、玄関に引き戸が採用されることはあります。

 

内部で大工工事を継続中です。まだ柱や梁がむきだしになっております。

↓こちらは先日もお伝えさせていただきましたが、制震装置です。これからの家づくりには、欠かせないのではないでしょうか。地震対策には効果覿面です。

 

↓こちらは2F部分の写真になります。2Fもまだまだといったところです。

壁伝いに断熱材の施工がされ始めております。

↓ちなみにこちらのお宅では、小屋ウラにひとつ部屋を設けております。部屋といいましても、高さが1.4mですので、小屋裏収納ですが、こちらの収納もうまく使って物をなるべく散らかさないようにするのも、一つのアイディアだと思います。敷地の大きさや立地条件によっては大きな間取りが取れないこともありますので、検討していくと良いと思います。

12月に入りました。今年もあと1ヶ月。悔いの残らないよう、毎日を過ごしたいと思います。

望月 洋和

 

沼津市N様邸大工工事

2017.11.24

沼津市N様邸、現在大工工事を行っております。

まだまだ骨組みの状態ですので、これから・・・といったところです。

上の2枚の写真は、『制震装置』です。1Fの10箇所に設置いたしました。制震装置は、建物のゆれを軽減させることができ、仮に熊本地震のときのように、大きなゆれが繰り返し来たときでも、建物の損傷を極力抑えることができます。ちなみに、今回こちらのお宅で採用している制震装置は、『ダイナコンティー』という油圧式の装置で、熊本地震の際、こちらを搭載している家屋は家の損傷どころか、クロスのひび割れもなかったそうです。

静岡は特に地震が多い地域とされているので、これからの家づくりには是非オススメのアイテムです!!家づくりの最初に行う『資金計画』の際に、予算取りしていただくことをオススメします。

↑こちらの写真は現在の外観の状況です。バルコニー部分には左官施工を行ったこともあり、ブルーシートをかけております。サッシと構造用パネルでいまのところ雨風はしのげておりますので、内部での作業には影響がないようになっております。これから防水シートの施工をおこなって、外壁の施工に移っていきます。

こちらのお宅は6m道路の広々とした分譲地の一画にあります。小さなお子様もおりますので、子育てには適しているかもしれませんね。

現場ではまだまだ大工工事が続いていきます。

望月 洋和

12