新築戸建施工日記

清水町T様邸 大工工事中

2019.04.04

みなさんこんにちは!!
大洋工務店の望月洋和です!!
清水町T様邸、引き続き大工工事を行っております!!

外周部では防水シートの施工が終わりました。
屋根もサッシも入っており、防水ばっちりで中の作業は大工さんたちが集中して取り掛かっております(^-^)

内部も大工工事と平行して、ユニットバスの据付をおこないました。

大工さんが、石膏ボードで間仕切りや仕上げの下地を作っていっております。

石膏ボードは加工がしやすい上に耐火性能も優れているので、建築の現場では大変重宝しており、多くの建築会社が用いている資材です。

階段部分

一部石膏ボードがまだのところもありますが、おおむね終わっております。
ご覧いただいてよくわかりますが、石膏ボードの内側にはしっかり断熱材が入っております。
ちなみに断熱の概念は断熱材だけでなく、外壁・通気胴縁・構造用パネル・断熱材・石膏ボードと、外周部すべての資材が断熱となります。
そして住宅の断熱の大きなポイントは、性能が高いサッシです!!窓です!!
家づくりをご検討中の皆様、是非窓をしっかりお考えいただきたいと思います!!
ちなみにこちらのお宅は、アルミ樹脂複合サッシでLow-eガラスです。
ZEH対応の高性能なサッシとなっております。
※アルミ樹脂複合サッシ+Low-eガラスは、弊社の標準となっております。
(商品名:サーモスⅡH)

キッチン部分

話は戻りまして、内部はまだまだ大工工事中であります。
今日も現地で大工さんとお施主様、現場監督の3人で打ち合わせを行いました。
現場が始まり、大工工事になりますと、現地にて打ち合わせを行います。
そんな風に一つ一つ丁寧に仕事をしていくのが、大洋工務店のスタイルです。
だからミスなどが起こりにくくなっております。
手前味噌ではございますが、すばらしい現場スタッフです!!

さて、現場は中盤戦です。
新年度になり、フレッシュな方や、転勤などでご挨拶をさせていただく機会も多いですが、私も気持ちを新たにがんばってまいります!!

望月 洋和