新築戸建施工日記

カテゴリー: 三島市 Ⅰ様邸(二世帯住宅)

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.11.21

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
外壁材のサイディングが貼り終わり
外壁材との継ぎ目に、コーキング工事が施工されました。
コーキングは、窓の周り、排気口の周りなどにも施工されます。外壁との隙間をコーキングで埋めているんです。
窓は雨漏りの代表格。原因の1つとしてコーキングの劣化にあります。コーキングは、ゴムのような素材で弾性があります。それが紫外線や雨風により硬くなり、ヒビが入ってしまいます。そこから雨水が室内に侵入してしまうのです。
”外壁のメンテナンスを10年くらいを目安にしてください”と言われる理由は、コーキング材の劣化や、サイディングの塗装に劣化が起こり、雨水侵入の可能性が高くなるからです。雨漏りは、快適に生活できなくなるだけではなく、建物の寿命も短くなってしまいます。I様邸は、高耐久性のコーキング材を使用していますよ。
1階は、天井が施工されました。
収納棚も付きました。部屋感アップしてきましたね(^^)/
これから、2階を仕上げていきます!
別の日。足場が取れました!!外壁の色は白ですが
玄関まわりや
2階の一部をレンガ調の模様で変化を付けています。こういう変化の付け方、個人的に好きです(*^^*)

大工工事は、終盤戦。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.11.11

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
外壁材のサイディング貼りが進んでいます。
こちらのサイディングは、継ぎ目が目立ちにくいデザインです。サイディングの特徴として、デザインが豊富という事が1つ挙げられます。たくさんありすぎて、逆に決められない(;^ω^)ほどです。
アクセントで、柄をレンガ調に一部変えています。I様邸のサイディングは、キレイが長続きするタイプです。
この日、大工さんは階段に取り掛かっていました。壁に付いている白いのは、「ささら」といいます。これが階段を支えます。
今は、プレカットと言って、ある程度加工されてきますが、細かい所は、現場で合わせて
大工さんが切ったり、
のみで掘って
合せて
採寸して
削ったり。とにかく微調整しながら組んでいきます。
細かい仕事をしている最中に、業者さんと打合せも。
こちらの階段は、小屋裏まで続きます。先は長いですよ~。
別の日。階段が登場。
2階まで完成。小屋裏までもう少し。
外壁は、サイディング貼りが終了し、養生がされています。
この継ぎ目にコーキング工事が施工されます。外観は、そろそろ完成形へと近づいてきました。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.10.31

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
ブルーシートの中はというと。。。
外壁に胴縁(どうぶち)という木材が施工されています。胴縁は、外壁材と下地の間に胴縁の厚み分の空間を作ります。この空間が壁の中の空気の通り道となります。
木造住宅は、建物内の結露が劣化の原因の一つです。なので、湿気が建物下部から上部に向かって抜けるように、空気の通り道を胴縁で作り、結露を防ぎます。胴縁と胴縁の微妙な隙間も、空気の抜け道の為に必要な隙間です。
基礎と胴縁の間にあるのは、土台の水切り。これは、雨水などが土台や基礎に侵入することを防いでいます。
水が土台に侵入すると、土台は腐り、白アリを発生させてしまうなんて事にも。建物にとって土台は大事な部分です。土台や基礎への水の侵入を防ぐ事が、建物の耐久性を維持する事に繋がります。
玄関正面にはアーチ型のニッチ(*^^*)
さらに、中に進むとすっかりお部屋になっています。
大工さんが、「やっと外周りが終わったよ!」と。。。私はとっくに終わっていたと思っていたので???だったんですが(;^_^A外周りの最後のお仕事は、軒天(のきてん)です。
軒天にボードを貼るんです。穴があいているのは、通風のためです。ちなみに、この軒天ボードの色も、お施主さんが選ぶんですよ。家づくりは、ほんと大変!!
2階収納や
ウォークインクローゼット入口のアーチ、
キッチンカウンターの下地など、細かい所のフォルムが見えてきました。
大工さんはやることいっぱいで忙しそうです。
忙しそうな大工さんを横目にこんなものを見つけました(^^)/3㎏のボンド!!しかも、詰め替え用。3㎏のボンドがあるのもビックリですが、詰め替える事できるんですね。ボンドは途中固まって最後まで使った試しがない私には、3㎏ボンドの意味が。。。
でも、大工さんは固まる前に、あっという間に使ってしまうそうです。このボンド、夏は冷たくて気持ちがいいそうです(*^^*)
外では、外壁のサイディングを貼り始めました。
外観が仕上がってきますよ!!

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.10.24

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
屋根で板金工事中です。空が近い(;^ω^)
屋根の仕上げ材、ガルバリウム鋼板の仕上げの工事中です。屋根のてっぺんに
こんな形の物を
板金します。近くに寄ることができなくて<(_ _)>これが限界でした。下界におります(;^_^A
室内は、フローリングが貼り終わっていました。フローリングの姿は、クリーニングが終わるまで見る事ができません。
でも、2階LDKの無垢が少しだけ顔を出しています。ナチュラルテイストのパイン材です。仕上がりが楽しみですね♪
大工さんは壁の施工中です。
段々と空間が壁で仕切られてきました。
同時進行で電気屋さんが、スイッチの穴をあけています。インパクトという工具の先のソケットに、小判型に切り取れる刃を取り付けます。
壁に押し当てると
スイッチボックスが取り付けられている場所に穴が開けられます。スイッチボックスは壁に隠れているのに、なぜ場所が分かるのか。。。それは
スイッチボックスの中心には、マグネットが潜んでいるのです!
そのマグネットに反応する赤いヤツ『マグネットアッター』くんがお知らせしてくれます。アッターって(^^)
さらに、マグネットアッターくんの裏側には、スタンプ機能が備わっていて
マグネットの位置を印す事ができます!!この印に先ほどのインパクトを合わせて、
穴を開けていたんです。
ちなみに、丸形バージョンもあるんですよ(^^)/
大工工事は、壁の施工がもう少し続きます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.10.17

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
外観が茶色から白に変化の途中です。
白い正体はこのシートです。外壁用透湿防水シート。これ、無数に存在する繊維の隙間が、湿気は通すけど、水は通さないという優れものシートなんです(^^)
雨のほとんどは、外壁の表面を流れ落ちますが、外壁材やシーリングの、経年劣化によって生じたわずかな隙間から、雨水が浸入してしまった時に、雨水が建物内部に入らないよう防いでくれます。
室内はというと、今までと大きく変わった所があります。それは、床が貼られました(^^)あるのが当たり前の物が出来てもスルーしてしまいがちなんですが、大きな変化なんですよ。何と言っても、床が出来ると歩きやすい(^^)/
壁には、オイル系制震装置『ダイナコンティ』が設置されました。オイルの粘りを利用して、地震の揺れをゆっくりに、建物の傾きを軽減する装置です。
筒状の部分にオイルが入っていて、建物が揺れる方向と反対に動き、揺れにブレーキをかけます。大きな揺れは小さく、早い揺れはゆっくりに。いつ起こるか分からない地震から、建物と家族を守ってくれます。
浴室が設置完了。ユニットバスは、壁、浴槽、天井などを現場に搬入して組み立てます。大きな物を搬入、組み立てるには、スペースが必要です。
だから、壁が出来る前に浴室は設置します。トイレや洗面台は最後の最後ですが、浴室だけは速い段階で登場です。
ここは2階なんですが、ロフトがあるのでぱっと見、1.2階が写っている感じがしますよね。
2階バルコニーには、FRP防水が施工されました。これは、軽量な素材で耐久性が高く、船や飛行機なんかにも使われています。ガラスマットという繊維と樹脂を何度か塗り、層を作って防水します。
よーくみると繊維のフォルムが確認できます。仕上げ材を塗るとグレーの見慣れたバルコニーになります。
大工工事は、フローリング貼りが始まります。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I 様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.10.03

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子を紹介します。
この日の大工さんは、窓を設置するための準備をしています。
ハイベストウッドで壁を覆った後、窓になる所をカットした所です。
窓枠を設置する前に、こちらのシートを付けます。
こちらは、窓用の防水シートです。
窓の下側に室内へ巻き込む感じで付けられます。こういう場所は、建ててしまうと全く見えない部分ですが、水対策は色々されていますよ(^^)/
水対策つながりでいうと、バルコニーにも防水対策は必須です。写真の色味が青味掛かっているのは、ブルーシートで養生がされているからですよ~。私の写真の撮り方が悪いからではないですからね~(;^ω^)
バルコニーの立ち上がりの白い板。耐火性に優れたボード、ケイ酸カルシウム板、略してケイカル板を付け、
モルタルで勾配を付ける為の準備が始まりました。
バルコニーには排水口が左右にあります。排水口に水が流れるよう、
中心から左右に、室内側からドレン側へと勾配をつけます。そのための、墨が引かれました。
モルタルづくり開始です。セメントと
砂、
水を
混ぜ、混ぜしたものがモルタルです。
そのモルタルで勾配が付けられました。
防水対策のFRP防水は、養生期間を置いてからです。
室内は、電気配線が始まっています。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.10.02

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子をご紹介します。
上棟直後は、ご覧のように構造がむき出しです。雨から守るために、屋根や外壁を優先した工事が進みます。
屋根の下地材を支える垂木(たるき)。この上に
屋根の下地材、野地板(のじいた)が敷かれました。
野地板が敷かれる前。垂木や母屋が模様を描いていた空が、
見えなくなりました。
野地板に、改質アスファルトルーフィングを施工中です。屋根からの雨漏りを防ぐ防水材です。
アスファルトにゴムや合成樹脂などを混ぜ、耐久性を高めたものを改質アスファルトと言います。屋根材から漏れてきた雨水が、室内に侵入するのを防いでいるのが、このルーフィングなんです。屋根は直接雨の影響を受けるので、上棟直後にルーフィング工事は始まります。
上棟から約1週間後の姿です。骨組みむき出しから、茶色い箱に変身です(^^)
外壁に貼られたのは、構造用ハイベストウッドという構造用面材です。土台、柱、横架材をハイベストウッドで一体化し、全体を一つの箱に。そうすることで、壁面全体で地震や台風を受けとめるので、力が分散し、どこか一部に負担がかかるのを防ぎます。
1階床はまだ貼られていないので、足場の確保のため木材を渡してありますが、床がないと歩きにくいんです。普段ある事が当たり前の物がないのは特に!!
ですが、床の断熱材が搬入されているので、床の登場ももうすぐです(^^)

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.09.22

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子をご紹介します。
2階に管柱が立ち、梁や桁を組んでいます。
柱や横架材などは、現場で組むだけでいいように工場で加工した物が搬入されます。横架材には、穴(ほぞ穴)が開いていて、柱は、ほぞ穴に合うように先が加工されています。これをほぞと言い、ほぞとほぞ穴を合わせて木槌で「コン、コン」です。
2階のフォルムが見えてきました(^^)/
15時の休憩後の姿です。続いて、屋根を支える骨組み部分(小屋組み)へと工事は移っていきます。
I様邸は、ロフトがあります。ロフト部分に床材が敷かれました。
ブルーの養生から、ツンツン出ているのが”小屋束(こやづか)”です。屋根を支える部材の1つです。
ちなみに、これも束なんですよ。こちらは、床束です。基礎立ち上がりのない部分の床を支えます。束は、床と屋根にあります。
木材と木材をつなぎ留めている釘”かすがい”。
建築で使用する物の名前は、見た目が似ている事から付けられている物が結構あるんです。例えば”羽子板金物”これは文字通り羽子板に似ているから(^^)では、このかすがいは。。。そもそも『かすがい』はつなぎとめるという意味。そこから「子はかすがい」なんていうことわざも。どちらかと言えば、ことわざの方が認知されているので、そこから引用したのかなぁなんて思ったんですが、「鎹(かすがい)」という言葉が元々あったんですね~。
束の上に”母屋(もや)”を組み、母屋と垂直方向に流れているのが垂木(たるき)です。屋根の下地材、野地板(のじいた)を支えます。
上棟は、一番高い”棟木(むなぎ)”まで組み上げる事をいいます。無事上棟です(^^)/

直前まで、予定通り上棟できるか分からない天気が続き、上棟当日も雨が降ってきてしまい…心配なお天気でしたが、お昼の時間に降り始め、そして止んでくれました。気温は朝から絶好調!1階管柱を立てる頃には、大工さん汗だくでした。

暑い中の工事でしたが、皆様のお陰で、無事上棟することが出来ました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします<(_ _)>

大工工事は日々進んでおります。

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.09.16

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子をご紹介します。
上棟にむけて工事が始まりました(^^)/まず最初に、通し柱が所定位置に仮設置されます。
組まれるのはもう少し後です。それまで、仮固定で準備しておきます。通し柱は、土台から軒まで継ぎ目がない柱です。1階と2階を構造的に一体化し、耐震性、耐久性を高めます。
上棟は、たくさんの木材を組み上げていきます。次の工程を考えながら、工事が効率よくできるよう木材を移動させます。大きな梁の移動は見てるこちらも、つい力が入ってしまいます。
木材の移動が終わると、管柱を立てます。管柱は、その階にのみ立っている柱です。柱を組む時は力づくではなく、柱を『ゆらゆら』させて組んでいきますよ。でも、入らない時は、上から木槌で「コン!コン!」です。
管柱が立つと、次は横の木材”横架材(おうかざい)”の
胴差しです。2階の床の高さで建物の周りをぐるりと囲む胴差し。2階の荷重を通し柱や管柱に伝えます。
通し柱が胴差しと組まれます。
管柱や通し柱の位置を確認しながら
木槌で『コン!コン!」
これを繰り返し
繰り返し続けていくと
2階床下地が組まれました。
それを、羽子板金物で固定します。
梁が台風や地震などで外れるのを防ぐ補強金物です。
続いて、2階床板を貼っていきます。28mmの剛床です。床は人や物を支える目的以外に、地震の力を各部材へ伝えるという役割もあります。地震の力で変形しにくい堅い床でないと力を伝える事ができません。
床板を配置して
釘で留めます。ある程度貼り進め足場が確保できると
床材を移動して、反対側を貼っていきます。工事を進めるうえでスペースの確保はかなり重要なんですよ。
1階から
空が見えなくなりました。

続きは次回(^^)

という事で
どうぞご安全に。

三島市I様邸(二世帯住宅) 新築工事

2020.09.15

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市I様邸(二世帯住宅)、新築工事の様子をご紹介します。
給排水工事と同時進行で玄関土間打ちが始まっています。
土間用の型枠が設置され、土を埋め戻しています。基礎を掘削して出た土を利用して、元の地盤レベルまで土を戻して埋めます。
土間の周りに断熱材を敷いています。断熱材は家をグルっと覆う事が大事なので、一ヶ所でも断熱に欠けがあると残念な結果になっていしまいます。
土間が打設されました。
ここまで来ると、いよいよ上棟に向けて、大工さん担当の木工事が始まります。
基礎立ち上がりの上に、基礎パッキン、その上に土台が敷かれました。
基礎パッキンは、基礎と土台の間に通気層を設けて、湿気から土台を守っています。そもそもコンクリートは水分を帯びやすく、その水分が土台に浸透すると、土台が腐り、白アリ被害なんて事に!!
だから、土台の耐久性を保つためには、基礎パッキンが欠かせない存在なんです。ちなみに、土台設置が終わると、白アリ防止する薬品を散布する防蟻処理を基礎全体に行います。見た目に変化はありませんが、ちゃんとやっていますよ(^^)/
アンカーボルトで基礎と土台が繋がれました。
予定していた上棟日は、台風の影響で不安定な天気が続いていて、予定通り上棟出来るか怪しかったのですが、前日に晴れてくれたので、足場を組むことができました。
無事上棟に向けて工事スタートです(^^)/

続きは次回。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ