新築戸建施工日記

カテゴリー: 三島市 T様邸 EcoB Style

三島市T様邸 新築工事

2021.07.30

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
食器棚や
キッチンが設置されました(^^)/養生が付いていて分かりにくいですが、コンクリート調カラーです!
クロス貼りも進んでいます。玄関土間は
打ちっぱなしコンクリート風クロス。このクロス、土間の雰囲気にぴったり(^^) という事もあり、最近人気です!
1階トイレ。グレーと白のツートンカラー(^^)
2階クローゼットの中は
やさしいグレーと白のライン柄。T様邸のアクセントカラーはグレーですね(*^^*)
2階トイレは、木目調のアクセントを天井に。
これから、クロスに糊付けする所です!
まず、糊を
糊付け機に入れます。
機械の中にある、糊付けローラーが回転して
糊付けされますよ(^^)/
使いたいクロスの長さを設定すると
糊付けされたクロスが
設定した長さで出てきます。それをカットし
ジャバラに畳んで、専用の箱に入れておきます。これを繰り返し、貼る範囲のクロスを用意します。
そして、1階LDKが仕上がってきました。
テレビボードや畳コーナー天井に使われているクロスは、
石調のクロスにラメが、キラキラっとしています。
2階へ(^^)/
階段正面の収納は
白のレンガ調。控えめなアクセントで、個人的おすすめクロスです(*^^*)
2階廊下、
階段とクロスが貼られ、”家” 感UPです(^^)/
階段手すりの目印。
ビスが顔を出しています!これで、手すりを所定の位置に戻す事ができます。
これから、2階へとクロス貼りが進んでいきます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.07.23

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
クロスを貼る前の準備です。階段の手すりなど、取れるものは取ります(^^)手すりがあると貼りにくいですからね。これも、きれいに貼るため準備です!
ただ、クロスを貼ってしまうと手すりを付ける位置が分からなくなってしまいます(;^_^A なので、ビスで目印です。手すりは、人を支えます。力が加わっても耐えられるように、下地が入った定位置に戻さないと、とんでもない事になってしまいます!!
出っ張った角、出隅(ですみ)に
コーナー用の補強テープや
ニッチを囲う石膏ボードの継ぎ目には
ファイバーテープを貼ります。
これは継ぎ目に塗る、パテの亀裂防止です。
パテを
ビス穴や
石膏ボードの継ぎ目
ファイバーテープや
コーナーテープ箇所に塗っていきます。凸凹した壁にクロスを貼ると、その凸凹がそのままクロスに浮いてきてしまうんです!
パテで家中の、壁や天井の表面を整えるので、こうなります(^^)/
2階も、すぐに
にぎやかになってきますよ!
そして
ご覧の通り(^^)
パテは乾くと少し痩せるので、
何度か塗り重ね、最後にヤスリをかけます。
LDKに糊付け機が登場!
クロス貼りが始まりました(^_^)v

お部屋の変化が加速しますよ!お楽しみに♪

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.07.13

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
畳コーナー天井完成(^^)/
大工さん、階段手すりを付けています。
階段手すりを付けると、大工工事はほぼ終了です!
T様邸のこだわりポイント(^^)/壁に付いている2本の黒い棒!これは、可動棚の金具です。
土間収納や
2階書斎
リビング
脱衣室、すべて黒で統一しています。
シルバーを選ぶ方が多い…というか、こういう細かい所に目を向けられる事がすごいΣ(・ω・ノ)ノ!
さらに!T様邸のポイント、ニッチ(^^)/ニッチは、壁を凹ませた収納。ちょっとした物を置くのに便利です。
畳みコーナーの
カウンター上、
キッチン横
キッチン側にはスパイスニッチを。
インターホンのモニターなどを設置するニッチと
つながる小物収納。
洗面室
玄関には
フックが付いた、カギ置場も。
1階トイレと
2階トイレにも!スペースを有効活用したニッチがたくさんです(^^)
そして、階段手すり完成(^^)/
この子たち、大工さんとは30年くらいのお付き合いなんですって。こちらの現場でも活躍してくれました。

T様邸、大工工事から内装工事へと移っていきますよ(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.07.07

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
1階天井を仕上げています。
基本、1階天井に断熱材は入れません。でも、入っていますね。。。
断熱材は、建物をグルっと取り囲むように入れます。バルコニーの下が部屋の場合は断熱材を入れる必要があります。
この天井の上には、インナーバルコニーがあるため断熱材を入れているんです。
仕上がってしまうと分からない場所ですが、しっかりやってくれています<(_ _)>
階段下トイレ完成(^^)/
階段下収納。三角形は、お掃除ロボットくんの新居になります(^^) お掃除ロボットくんスペースを作ってあげる方が多いです。まぁ、結構な存在感ありますしね(^^)
玄関ニッチや
土間収納のパイプ
脱衣室収納と細かい所が完成しています!
天井高2m60cmが仕上がり
畳みコーナーの通常の天井高スペースの下地を組んでいます。
高い所の工事の時、足場を作るのですが。木材1枚を渡して足場にしています。
大工さんは普通に乗っていますが、木材折れないのか心配(>_<) で、聞いてみると、『1人用で作ってあるから、2人乗ると折れるよ!』ですって。ご注意を(^^)/
外の様子は。。。雨樋が付きました(^^)/
破風板に付けられる雨樋。これが付くと足場がそろそろ外れるよ~という合図です!
足場が取れる前と
取れた後(^^)/すっきりしました!
T様邸は、大洋工務店『EcoB』に1坪広さをプラスしたお家です。南側から見る外観は『EcoB』です(^^)

大工工事は大詰め!!

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.06.29

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
外壁や室内と違って、屋根は視界に入ってこないので様子が分かりにくい場所です。覗いてみると、太陽光パネルの設置が完了していました(^^)/
ガルバニウム鋼板の屋根は、太陽光パネルを穴を開けずに設置することができます。
屋根材をキャッチ金具ではさみ、ボルトで固定。
高さを調節し取り付けるというのが、キャッチ工法です。屋根は、雨の影響を直に受けます。その屋根材に穴を開けると、雨漏りのリスクが生じてしまいます。穴を開けない方がリスクが少なく安心です(^^)
大工さん、階段製作中。
白い切込みが入った板『ささら』。
これを階段の側面の壁に固定し、
踏板(ふみいた)を組んでいきます。
階段の材料も、ある程度加工された物が搬入されますが、
一段、一段、微調整を行いながら
現場で合わせ
加工し
組んでいきます。
そして、階段完成(^^)/ 2階にお邪魔すると
壁と床の境界に巾木(はばき)がまわされています。
巾木は、日常生活の衝撃から壁を守っています。掃除機でゴン!ゴン! イスが当たってゴンっ!!最近では、お掃除ロボットくんもガン!ガン!意外とダメージを与えているんですよ(^^)
巾木は、大工工事が終わった合図でもあります。2階は終了(^^)/
只今、階段下トイレ天井の下地を組んでいます。
階段の段差がある天井なので、何かと調整が必要になるそうです。
これから、1階が仕上がっていきますよ!

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.06.25

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
建具枠が付きました(^^)
先週紹介した”小壁ちゃん”は、壁の中です(^^)
そして、2階天井完成!天井にも石膏ボードが貼られているんですが
厚さに違いがあります。壁は12.5㎜、天井は9.5㎜です。壁の方が厚いのは、生活していると人が寄り掛かったり、衝撃が加わる事があるので強度が必要です。そのため、壁には少し厚い物を使用します。
収納に
パイプハンガーが付けられました。
この日の大工さんは、ケーシングを取り付け中。
建具枠と壁の境界にはめるのがケーシング。
この隙間にケーシングを付けます。
出来てしまえば当たり前の姿なんですが、当たり前の姿になるまでには、何かと手が加えられているんですね。
外壁にマスキングテープ。
サイディングの継ぎ目などを、シーリング材で埋める工事の準備です。
継ぎ目の底面の金具にはシーリング材が接着しないように保護シールが貼られています。外壁は、天候条件や地震などの揺れにより、目地にかすかな動きが出ます。目地底面にシーリング材が接着していると、かすかな動きに対応できず、シーリングの剥がれやヒビの原因になってしまうんです。
窓回りにもシーリング材が使われています。隙間を埋めて、雨水の侵入も防いでいます。
シーリング工事完了(^^)/

大工工事、外壁工事ともに仕上がってきました!

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.06.18

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
こちら、先週紹介した2階の様子です。
少し角度が違いますが、上の写真と同じ場所なんですよΣ(・ω・ノ)ノ! 壁で仕切られると、まったく別の場所のように感じますが、柱を追っていくと納得です!
主寝室、
書斎、
子ども部屋とフォルムが見えてきました(^^)/
壁に立てかけられているのは、”小壁ちゃん” (´∀`*)ウフフ
引き戸などの薄壁を支えています。
薄い壁は、建具枠に反りが出てしまう事もあるんですが、”小壁ちゃん”がそれを防いでくれています。
これが建具枠です。お部屋のドア枠や
収納扉の枠を

只今、大工さん取付け中(^^)/
建具枠が付くと
空間に境界線ができ、さらに部屋感UPです!
アーチ形の入口の土間収納。
このアーチの下地、どうやって曲げてると思いますか?!
通常の合板は、繊維の方向を互い違いに接着しています。だから、お菓子のウエハースのような断面になっているんですが、
アーチ形の下地は、あえて繊維の方向を揃えて接着しています。
そうすると、曲がる合板になるんです。力を入れずとも、クネっとするんですよ(^^)/曲げ合板と言います。

大工工事は2階から仕上げていきますよ!

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.06.09

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
土台水切りの上にシルバーの金具スタ―ターが付けられ
サイディング貼りが始まっています!
T様邸は、フィエルテ、チタンアイロンというサイディングを採用しています。グレーに白みがかったコンクリート調です。
コンクリート調の外壁にサッシ枠の黒が映えます!
光セラといって、太陽光の紫外線が汚れを分解し、雨で汚れを洗い落とすという光触媒コーティングがされています。これにより、見た目のキレイが長持ちしますよ。
1階は、壁に石膏ボードが貼られました。緑の養生がされているのは、化粧柱。壁内部に隠れない、見せる柱です。だから、養生です!
石膏ボードは、防火・耐火性、遮音性、断熱性に優れています。粉のせっこうに水を加えると、硬化するという化学反応を利用し作られています。
硬化した石膏は火災の際、化学的に結合した結晶水が水蒸気となり放出され、延焼を防ぎます。
電気ケーブルは、壁や天井に隠して配線するので
壁や天井の工事が始まる前に、完了しておきます。
ケーブルのジョイント部分を保護するカバー、”ナイスハット” 建築現場では、思わず(´∀`*)ウフフな商品名をよく見かけます!
工事は、2階壁づくりに進みます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.06.01

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
2階、フローリングが貼られています。
フローリングは貼りながら養生をするので、お施主さまでも全貌を見る事ができません。工事が終わり、クリーニングするまでのお楽しみです(^^)
それまでは、養生から少しだけ顔を出している場所で想像するのみです(;^ω^)
壁に断熱材が入りました!
大洋工務店では、高性能グラスウール16Kを使用しています。断熱性、施工性、耐火性、吸音性に優れた素材で住宅用断熱材として広く使われています。
原料は、ガラスです。主に、建築現場や家庭から出た資源ごみのリサイクルガラスを使用しています。ガラスを高温で溶かした物を、遠心力で吹き飛ばし綿状に細かく繊維化した物。綿菓子を作る原理と同じなんだそうです。
窓枠と柱の隙間に
スプレータイプの断熱材を吹き付けます。トリプルガラスを使っても、その周りから空気の出入りがあっては。。。です!
窓枠と柱を留めている金具”ワクワク金物”って言うんですって(´∀`*)ウフフ
わく枠金物です!
ユニットバス設置準備が整っています。
ちなみに、浴室の断熱材の隙間を埋めているモコモコは、窓枠の隙間を埋めている断熱材と同じ物です。
2階フローリング貼りが終了し
なが~く
厚みのある材料が登場!
これは、玄関土間と室内の境界にあたる、上り框(あがりかまち)です。
サイズに合わせてカットし
固定します。
付いてしまうと、『あ~ここね!』と納得です(^^)
玄関ホールのフローリングを貼ると、フローリングは終了!
ユニットバス設置や
バルコニーの防水も完了(^^)/
大工工事は、石膏ボード貼りに移っていきます。

という事で
どうぞご安全に。

三島市T様邸 新築工事

2021.05.25

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市T様邸、新築工事の様子を紹介します。
上棟から2日後。茶色の壁で覆われてきました。
こちらは、構造用ハイベストウッド。
土台、柱、横架材を一体化し、壁面全体で力を受け止めるので、どこか一部に負担がかかる事を防ぎます。
上棟後は、構造がむき出しです。雨に極力濡れないよう、外まわりを優先に工事が進められます。
雨を直接受ける屋根。早速、”改質アスファルトルーフィング”と呼ばれる屋根の防水シートが貼られています。仕上げ材のわずかな隙間から入ってくる雨水をシャットアウト!!屋根は、上棟直後に工事が始まります。
サッシ枠の登場です(^^)
こちらは、枠だけ。ガラスが入ったサッシとは別々になっています。
サッシを支える窓台などの木材を組み、サッシ枠を取り付けます。
窓の種類によっては、枠とサッシがセットになっているタイプもありますよ(^^)/
バルコニー立ち上がりの白い板、ケイ酸カルシウム板。耐火性能を持ち、火災時の延焼を防止します。バルコニー、水対策始まります!
上棟から約10日後。
壁に付けられた白いシートは、透湿防水シート。
うすく、やわらかいこのシートは、極細の繊維をランダムに積み重ね、熱と圧力で結合させた不織布。繊維の隙間から湿気を逃がし結露を防ぎます。湿気は通しても水を通さないという優れもの!
屋根は、仕上げ材のガルバニウム鋼板が。ガルバニウム鋼板は、軽いので屋根への負担が少なく、
太陽光パネル設置時に穴を開けずに工事ができます。雨漏りのリスクは少ない方が安心です!
ブルーシートの養生がされているのは
バルコニー。モルタルで勾配がつけられました。防水工事はこれからなので、養生中です。
室内は、1階床が貼られました。床板の下には断熱材が敷かれています。貼り終わってしまうと、床下から覗かないと確認できませんが、断熱材はちゃんと入れてありますのでご安心を。
このスペースだけ、少し床が下がっています。ここは、畳みコーナーになります。畳の厚み分、床を下げてあるんです。
木造建物用制震ダンパー”ダイナコンティ”。オイルの粘りを利用して、揺れが起こった瞬間から建物が揺れる方向と反対に動き、揺れにブレーキを掛けます。
早い揺れはゆっくりに、大きい揺れは小さく。取り付ける場所は、計算に基づいて必要箇所に設置します。
ホールダウン金物の完成形です。柱に固定されました。ホールダウン金物は、柱が土台から抜けるのを防ぐ金物です。
大工工事は、壁の断熱材やフローリング貼りに移っていきます。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ