新築戸建施工日記

カテゴリー: 三島市 M様邸

三島市M様邸 新築工事

2021.01.10

みなさんこんにちは!!
大洋工務店の望月洋和です!!
三島市M様邸、工事がスタート致しました(^-^)/

まずは地盤改良工事から。

この重機は柱状改良時に使用する『建柱機』というものです。
下の図をご参照ください。

下の写真は、セメントミルクを流し込んでいくためのコンプレッサーです。

柱状改良はポピュラーな改良方法で、日本の多くの住宅で採用されております。
調査結果に基づきしかるべき改良をすれば、地盤保証が付きますので安心です(^-^)

見栄えはこんな感じになります。
直径:500mm
深さ:2,000mm×14本
2,500mm×24本
合計:35本の改良を行いました。

地盤改良工事は建築物を一番下で支える非常に重要な工事です。
建築を検討する際に、必ず地盤改良工事の予算を取っておきましょう。

地盤改良工事を行っていたところ、地中から若干のガラが出てきました。
今回のこちらのお宅は建て替え工事なのですが、おそらく昔埋め立てたものと思われます。

新規分譲地ではこのような事が起こることはまずないのですが、昔ながらの代々受け継がれているようなお家ではこのような事も無きにしも非ずといったところです。

極端に大量なものではなかったので、すぐに撤去して進めさせていただきました。

さて、ここからは基礎業者による基礎工事です。

『やり方』と言って、基礎工事着手前に、建物(基礎)の正確な位置(通り芯/高低の基準)を敷地内に設定する作業(仮設装置)を行います。
”丁張り“とも呼ばれます。

この機会で測量的な事をして、位置を出します。

砂利を敷いてユンボでならします。

地盤改良した上に基礎が乗るよう、正確に位置を決めていきます。

写真にはありませんが、砂利を敷き詰めて転圧して地面を締め固めていきます。

工事が続き、型枠が設置されました。
この型枠は『ベースコンクリート』を流し込むための型枠です。

これから型枠の中に『鉄筋』を施工していきます。

1月、とてもとても寒いですね。
北日本では寒波で大雪となっておりますが、現場の皆さんはお体ご自愛いただきたいと思います。
どうぞ、ご安全に!!

望月 洋和

三島市M様邸 建替工事

2020.12.16

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
三島市M様邸、建替工事の様子を紹介します。
M様邸地鎮祭です。地鎮祭は絶対やらなければならない!という訳ではありません。ですが、神事なのでやられる方が多いです。
お供物の準備は整いました。
お施主様も揃い、開式の儀。
神さまが降臨する前に、お供物や
参列者を祓い清めます。
そして、神さまをお呼びします。12月らしからぬ暖かさ。神さまも気持ちよ~く降臨頂けたのでは?!
神様に二礼
二拍手一礼のご挨拶。
ご挨拶の後、神さまお食事タイム。お酒やお水の蓋を取り召し上がって頂きます。
お食事中の神様に、この土地にどこの誰が、大洋工務店で家を建てます。という報告をします。祝詞(のりと)を聞いているとお施主様の名前や住所が聞きとれますよ(^^)
続いて、土地の四方やトイレになる場所を
奥様にお手伝い頂き、祓い清めます。神主さんに、「手伝ってください。」と呼ばれると、何を…??と少し不安に思うかもしれませんが、
神主さんの右手に立って、お塩とお米、お水を載せた”三方”という台を持ち、神主さんの後をついて行くだけなので、ご安心を。
地鎮祭、見所の地鎮の儀。お施主さまには鍬入れをして頂きます。「えい!」
「えい!」
大洋工務店は鋤入れ。「やぁ!!」
そして、工事の安全と
M様ご一家の安全
繁栄を祈願し
玉串を
捧げます。
神さまお帰りの後
お神酒で乾杯します。
娘さんもお孫さんのNちゃん、Aちゃんを連れて来てくれました。こぼさないように、がんばって持っています(*^^*)
お施主様からご挨拶の後、乾杯!!お神酒は口を付けるだけでOKです(^^)/土に返すという意味もありますので、地面に撒いて下さい。無理して飲んで、飲酒運転なんて事になったら大変です(;^_^A
最後に記念撮影(*^^*)

神様にお許しを頂けましたので、これから工事着工致します。

こちらの現場は、地盤改良から始めます。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ