新築戸建施工日記

カテゴリー: 富士市 I様邸

富士市I様邸 大工工事

2019.10.30

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、大工工事進行中です。1階の石膏ボード施工中です。
収納部分に給排水のパイプが配管されているので、そこの周りに石膏ボードを施工する所です。間取りで『PS』と書かかれている部分です。パイプスペースの略になります。
大工さんは、石膏ボードの”受け”を造っています。パイプの向かって右側に木材がはしごのように施工されています。これが石膏ボードの受けとなり、ビスで留める事ができる訳です。これがないと、パイプに石膏ボードを留める事になってしまいます。建築は、必ず”受け”が必要です。
他の場所を一回りしていたら、完成していました。パイプが石膏ボードに覆われました。
1階リビングでは何やら荷物がたくさん運びこまれていました。
これは一体なんでしょうか?!
ホースが付けられました。
キッチンの天板でした。上の写真はシンク、下の写真はコンロが入る用の穴です。
空っぽのキッチンです。キッチンは、組み立て式なんですね。
天板が乗りました。キッチンらしくなりましたね(*^^*)
ピカピッカのシンクです。
シンクの排水用の穴からは下が覗けます。
給排水の接続はこれからです。
ガスコンロもスタンバイしていました。
外壁は完了です。こちらのお宅の屋根の形は『切妻屋根(きりづまやね)』という形になります。本を開いて伏せたような形で屋根の形の基本とも言えるものです。
2階の屋根裏になります。中央から左右に流れているのが垂木(たるき)といって屋根板を支えています。垂木に対して垂直に流れているのが母屋(もや)で垂木を支えています。母屋の頂点が棟木(むなぎ)となり、上棟とは棟木まで組むことを言います。ちなみに、上の写真は、屋根の構造主体となる部分で『小屋組み』といいます。
小屋組みは規則的に木材が配置されていて、きれいだなぁといつも感じます。

2階はあともう少しかかりそうです。

という事で
どうぞご安全に。

富士市I様邸 大工工事

2019.10.22

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、大工工事と同時進行で外壁工事も進んでいます。
外壁の白い部分の防水シートの上に縦に木材が施工されています。これは、『縦胴縁(たてどうぶち)』で外壁の下地になります。
こちらの写真は他の現場の物なんですが参考に紹介したいと思います。外壁を上から見た所です。白色が防水シートで木材が縦胴縁です。その上に外壁材が施工されています。外壁材と防水シートの間に空間があるのが分かりますか。この空間は空気の通り道なんです。空気を上部へ逃がし流れるようにしています。そうすることで、湿気を外部に放出しているんです。縦胴縁には下地の他にも大事な役目があるんですね。
アクセントにレンガ調の外壁材が施工されています。レンガではなくレンガ調のサイディングという外壁材になります。最近はサイディングが主流になっています。では、このサイディングって??サイディングにも種類があるんですが、こちらは窒素系のサイディングになります。成分の80%がセメントで残り20%が繊維質原料と混和剤で出来ています。とてもバリエーションが多く、レンガ調だったり、タイル調、木目調と好みに合わせて選ぶことができます。外観は家の印象を左右する大事な要素です。お気に入りをみつけたいですよね。
室内では大工工事と並行して電気配線工事も進んでいます。

見る方向によって違う顔をしてくれるお宅です。これからの仕上がりを楽しみにしていてください。

ということで
どうぞご安全に。

富士市I様邸 大工工事

2019.10.16

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、大工工事進行中です。
只今、壁を施工しています。断熱材が敷き詰められその上に薄黄色の『石膏ボード』を施工していきます。
積み重なっているのが石膏ボードです。(写真は石膏ボードの裏側になります。)こちらを天井や壁に施工していきます。そもそも石膏ボードって??ですよね。
文字通り石膏で出来た板なんですが、石膏で身近なものとしてチョークがあります。石膏は元々”焼き石膏”という白い粉末状の物を水と混ぜ合わせた結果固まったものです。この性質を利用して2枚の原紙(石膏ボード用紙)の間に水で練った”焼き石膏”を流しこみ、板状に固めたものが『石膏ボード』という訳です。原紙との接合の仕方は”焼き石膏”が固まる時に原紙の繊維に食い込んで一体化しているんで接着剤を使って貼っている訳ではないんです。
チョークに使う原料と同じ物を壁に使って大丈夫なのか…と思いますよね。でも、この石膏ボードはなかなかの優れものなんですよ。

火に強い
石膏は燃える事はありません。石膏ボード1枚あたり約3kgの水を含んでいるんですって。高温にさらされると水分が水蒸気となって放出され、温度の上昇を遅らせ、また石膏そのものがバリアとなって熱を伝える事を防いでくれます。
施工しやすい
切断、ビス留めが簡単で、切断は特殊な工具を必要とせず文具用のカッターで切断できてしまいます。仕上げもペイント塗装やクロス貼りなど応用が利きます。また、施工しやすいという事は工期が短くなり、最終的には建築費にも影響してきます。
安価
焼き石膏が水と反応すると数分から数十分で固まるので、量産が可能です。壁や天井に施工すると大量の石膏ボードが必要になりすので価格は重要ですよね。
さらに、音を通しにくい性質もあります。なので、建築にはなくてはならない建材なんですよ。
これから、一面石膏ボード色になっていきますよ。

ということで
どうぞご安全に。

富士市I様邸 大工工事

2019.10.01

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、大工工事進行中です。
壁に断熱材が敷き詰められています。大洋工務店では、高性能グラスウールを使用しています。
見た目はフカフカしていて温かそうな雰囲気の素材がビニールの様な物で覆われています。家の性能では高気密・高断熱が基本となっている今、住宅用断熱材は色々な種類が出ています。その中で大洋工務店が何故グラスウールを選択しているのか…

それは

断熱性・不燃性・耐久性・環境性・防音性・防蟻性

に優れた断熱材だからです。

もちろん断熱性能がグラスウールよりも優れている素材もありますが、お値段が高ければ全体の建築費も高くなります。
トータル的に見て低コストで高断熱化できる経済的な断熱材が高性能グラスウールという訳です。

この日はお風呂を設置していました。
他の場所はまだこれからという感じなのに、もうお風呂を設置するんだぁと感じた方がいらっしゃると思います。
業者さんのスケジュールの都合とかではありませんよ(^^)/
お風呂を設置するには作業スペースの確保が必要です。それと、浴槽を玄関から入れるって想像すると大変だなぁって思いますよね。だからなんです。壁がまだ出来ていない時の方が運びやすいからです。
リフォームする時の方が工賃がお高いそうですよ。
フローリングが貼られています。実はこの写真とってもレアなんです(*^^*)
それは、床から施工していくので工事はまだまだ続きます。その間、フローリングに傷がつかないように貼りながら養生していくからです。その隙を見てのショットです。次に姿を見せてくれるのは、お引渡し間近です。

工事はまだまだ続きます。

という事で
どうぞご安全に。

富士市I様邸 大工工事

2019.09.24

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、大工工事進行中です。
すごいアングルだと思いませんか!!写真なのにゾクっとするような高さです。道路が小さく見えます。
こちらは屋根から撮った写真です。高い所が得意ではない私には撮れない写真です。
こんな高い所&斜面での作業…すごいとしか言いようがありません。
グレーのシートは屋根の下葺材(したぶきざい)です。ルーフィングとも呼ばれます。屋根の下地です。
ガルバリウム鋼板の屋根材です。ガルバリウムとは「アルミニウム」「亜鉛」「シリコン」を組み合わせた合金の事。
ガルバリウムで『メッキ』した鉄(鋼板)のことをガルバリウム鋼板と言います。
メッキは金属製の膜のことで、メッキ成分によって鉄が変身します。例えば、亜鉛でメッキをするとトタン、スズだとブリキなんだそうです。
と難しい説明になりましたが、お伝えしたいのはガルバリウム鋼板は優れものという事です。
耐久性、耐震性、耐熱性に優れています。大洋工務店では標準仕様になってますよ(^^)/
大工工事は着々と進んでいます。正面のは筋交い(すじかい)といって耐震性を高める効果があります。この金具はホールダウン金物です。基礎からツンツン出ていた金具です。それを柱に固定して建物をより強固なものにしてくれています。
2階天井に斜めについている木材は火打梁(ひうちはり)です。こちらも台風や地震による横からの力に抵抗するためのものです。好みですが、火打梁をあえて見せる事もあります。ちなみに大洋工務店の事務所は火打梁を見せています。

大工工事はまだまだ続きます。

という事で
どうぞご安全に。

富士市I様邸 上棟

2019.09.13

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、上棟しました(^^)
上棟前です。
基礎の上の木材が土台と言って、基礎と柱を繋ぎます。基礎はコンクリート、柱は木材、違う材質の物を繋ぐ為、土台が仲介役になるという訳です。また、柱から伝えられる荷重を基礎に伝える役割もあるんですよ。
正面に富士山が見えます。景色は最高です(^^)/
土台と基礎の間に黒い物が挟まっています。
これは基礎パッキンです。基礎コンクリートの水分が土台に浸透するのを防ぎます。基礎と土台の間に通気層を作って土台を湿気から守っているんです。土台が水分を吸ってしまうと、腐りの原因になり耐久性が低下してしまいます。
腐ってしまうと土台から崩れる…なんて事になり兼ねません。
上棟は、屋根の一番高い『棟木(むなぎ)』まで取り付ける時の事をいいます。ですので、部材が大量に運びこまれてきます。
クレーン車で部材を運び入れます。足場が悪い中での高所作業が続きます。この日は、台風一過で夏の暑さが戻ってきてしまいました。出る言葉は「あつい…」だけ。


季節外れの酷暑となり、現場のみなさんは長い1日だったと思います。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

これから大工工事が進んでいきます。

という事で、
どうぞご安全に。

富士市I様邸 基礎工事

2019.09.07

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、基礎工事進行中です。
耐圧盤と内部立ち上がりのコンクリート打設が終わりました。耐圧盤=ベースコンクリートとも言います。写真でいうと立ち上がってない所です。
ベースと言う位ですから、建物+家具その他全ての物を支える部分になります。基礎は大事だと何度もお伝えしていますが、改めてホントに大事なんですよ!!
ただ、見栄えがしないというか、地味な部分でもあるし、大事なのに隠れてしまうという控えめな場所でして(;^ω^)
写真左奥、少しコンクリートの色が違うのがご覧頂けるでしょうか。
玄関にコンクリートを打設した所です。内部立ち上がりが終わると、玄関や勝手口、1F窓から外への出入りの為のスッテプのコンクリートを打設していくんです。見るからにこの日は基礎工事日和ですね。
同時進行で、給排水の配管も行っていきます。青が水、ピンクがお湯、オレンジは電気の配管で電線を保護するための物です。
さあ、上棟に向けて基礎工事も終盤戦です。

という事で
どうぞご安全に。

富士市I様邸 基礎工事

2019.08.27

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
富士市I様邸、基礎工事進行中です。
配筋が完了しました。
写真で見えているコンクリートは捨てコンクリート、略して『捨てコン』という物です。
捨てコンに基準線を引きます。基準線だけにそれを基に鉄筋を組んでいきます。
鉄筋の下に石の様な物があるのが確認できますか?!
これはスペーサーブロックという物で通称『さいころ』です。
鉄筋の下のコンクリートの厚みを確保するために『さいころ』を敷いています。
鉄筋も何となく組めばいいという物ではなく〔当たり前ですね(;^ω^)〕
ちゃんと決まりがあるんです。
鉄筋のピッチ(間隔)や鉄筋の径(直径)が正しか等組み終わるとチェックします。
外枠はこれからベースコンクリートを打設するにあたり
コンクリートが流れないようにする為の枠です。
ベースコンクリート(耐圧盤)は建物全ての重みを受ける訳で
その骨となる鉄筋も責任重大です。
雨ざらしにならないよう天気予報を確認しながら基礎工事を進めていきます。

朝晩は少し気温が落ち着いてきたように感じるこの頃ですが、
日中はまだまだ蒸し暑く、さらに不安定な天気も続いています。

基礎工事が順調に進みますように。

どうぞご安全に。

富士市I様邸 基礎工事

2019.08.09

みなさんこんにちは!!
大洋工務店の望月洋和です!!
富士市I様邸、基礎工事中です(^-^)

現在基礎工事の中でも最初の段階の土工事を行っております。

『根切り』という工程になります。
根切りとは、地面を掘削する工事のことです。
建築物には、必ず基礎が必要です。基礎は地盤下につくるため、地面を掘らないと工事ができません。

耐震や制震など、大工工事や揺れないための工夫などは良く取り上げ、皆様も良くご覧になるかと思いますが、それと同じくらい基礎工事や地盤改良工事と言った、土工事はとても重要になります。
地盤や基礎がしかりしていないと、どんなに耐震性の良い住宅を建てても効果が半減してしまいます。

基礎工事中、現場には全く日陰がなく、現場の皆さんは暑くて本当に大変な思いをされております。
基礎工事というとても地味できつい作業を、いつも黙々とやっていただいている皆さんに敬意を表します。
本格的な夏到来で猛暑が続いておりますが、現場の皆さん、どうぞご安全に!!!!

望月 洋和

富士市I様邸 地盤改良工事

2019.08.02

富士市I様邸ですが、先日、地盤改良工事が完了しました

こちらが完了後の写真となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤改良工事は完了してしまうと、全て土の中に埋もれてしまいますので、

これだけでは良く分からないですよね

実際はこんな感じで、支持体が埋まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

完了してしまうと分かりにくく地味な存在ですが、

住まいが傾かない為に、もっとも大切な工事と言っても過言ではありません。

「地盤固め」と言う言葉があるくらい、

しっかりしていないと足元からグラついてしまう大切な工事です。

又、当社では、地盤にも品質保証を付けております。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは足元の安心から、

工事を始めさせていただきました

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ