新築戸建施工日記

カテゴリー: 清水町 K様邸 

清水町K様邸 新築工事

2020.10.13

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、新築工事の様子を紹介します。
クレーン車が登場です。この日、上棟に向けての工事が始まりました(^^)/天気はくもり。すっかり秋めいて、気持ちのいい朝です。
所定の位置で待機中の柱は、通し柱。この通し柱は、土台から軒まで継ぎ目がなく、1階と2階を構造的に一体化し、耐震性、耐久性をUPさせます。組まれるのはもう少し後になります。
まず、管柱を立てます。管柱は、その階にのみ立っている柱。1階の管柱、2階の管柱という感じ。この柱を
土台に組んでいきます。
管柱は、あっという間に組まれちゃいます。
クレーン車の出番です。胴差しをクレーンで吊って、管柱と、通し柱に組みます。
胴差しは2階の床の高さで建物の周りを”ぐるり”としている横架材。2階の荷重を通し柱や管柱に伝えます。
上棟は大きな車が入れ替わり立ち代わりです。建物の骨組みを組み立てるのが上棟。材料がたくさん必要です!それを運んでくれるトラックです。今回は、敷地内に置けるスペースがありましたが、無い場合は工事の進み具合やタイミングを見計らって荷下ろしするんです。
スペースの確保は工事を効率良く進める為にも大事なんです!!
木材には、現場で組むだけでいいように、接合部はあらかじめ加工がされているんですよ。
さて、工事は1階LDKの梁に取り掛かっています。
クレーンに吊られているのは、1階床材です。大工さんの求めている場所にいかに早く正確に届けるか、クレーンの操縦と大工さんとのコンビを見るのも上棟の楽しみ所ですよ(*^^*)
ここまで、約1時間ほどです。
大工さんの手には金物が。
羽子板金物で補強します。下から見ていると、何をやっているのかよく分からない時間です(;^ω^)
1階では、仮筋交いを付けています。柱の垂直を測り、傾かないように仮固定しています。
午前中で2階まで完成!!建物の大きさや大工さんの人数で進み具合は変わってきますが、今回は早い!!
2階床材が貼られると
骨組み姿から
肉づいて”家”感UPです(^^)/
午後からは、屋根を支える「小屋組み」からスタートです。
上棟の時、よく飛行機見かけるんですよね。飛行機がよく飛んでるのか、上をよく見ているからなのか。。。ですが、なぜか必死に撮ってしまいます(;^ω^)
上棟は、一番高い場所にある”棟木(むなぎ)”まで組む事を言います。大工さんがいる付近の横に流れている木材が棟木なので、この状態も上棟しました!!なんです。が、
だいたい、屋根の下地材”野地板(のじいた)”まで貼ります。
野地板を支える”垂木(たるき)”をかけています。
あと少し(^^)/
上棟です!!朝はくもりだったのに、こんないい天気になりました(^^)
2階から、富士山が見えます。電線が。。。ですが、正面に見えるなんて、なかなか貴重ですからね!

気持ちのいい天気の中、無事上棟しました。おめでとうございます!!そして、皆様ありがとうございました。

これから、大工工事が進んでいきます。今後ともよろしくお願い致します。

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.10.07

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、新築工事の様子を紹介します。
まず、雲があやしい天気を感じさせますね。この日は確か、雨は降っていなかった気がしますが。。。局所的にザっと降りそうな低い雲です。さて工事は、土間コンクリートが打設され、型枠が取れました。いつものパターンは、このタイミングで大工さんが現場に入り、土台設置が始まりますが、
今回は、違うステップを踏みます。基礎に断熱材が敷かれました。K様邸は基礎断熱で建築していきます。大洋工務店の標準仕様ではありませんが、お施主様のご希望に柔軟な対応ができるのは、工務店ならではです(^^)
断熱材の継ぎ目のモコモコ。発泡ウレタンのスプレータイプで継ぎ目の隙間を埋めているんです。形は全く違いますが、モコモコも断熱材です。
基礎断熱は、床下空間も建物内部の一部と考えます。
断熱材が敷かれ、土台が設置されました。
基礎立ち上がりの上に、基礎パッキン、そして土台。
基礎パッキンは、コンクリートの水分を土台に伝わらせるのを防ぐ為の物で、基礎と土台を絶縁しています。木材にとって水分は大敵なんです!!
こちらの基礎パッキンは気密タイプです。先ほどお伝えしましたが、基礎断熱は、床下も室内の一部と考えるからです。ちなみに、換気タイプの物は横から見ると、うっすら穴が開いているのが分かりますよ(^^)
アンカーボルトで基礎と土台がガッチリつながれました。
土台に空けられているこの穴。上棟時、ここに柱を組んでいきます。
さぁ、上棟に向けて、足場を組み始めましたよ。
完成された足場もかなり揺れるんです!!なのに、組んでいる最中の足場なんて。。。
ブルーシートに覆われているのは、木材です。材料も搬入され、
準備万端。あとは、天気だけです。

天気予報は問題なさそうですよ(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.09.26

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、新築工事の様子をご紹介します。
基礎型枠が外れ、次のステップへ進んでいます。
給排水管を室内へ引き込み、基礎外周の掘った所を元の高さまで埋め戻しします。
給排水管設置完了。ねずみ色の管が排水管の塩化ビニール管、略して塩ビ管。
排水する場所によって塩ビ管の太さが決められています。これは、VU75という塩ビ管で、トイレの排水管です。VUは厚さが薄い薄肉管、呼び径75㎜という意味です。外側の直径(外径)は約89㎜、内側の直径(内径)は約83㎜。どちらも75㎜のサイズではないんです(;^ω^)呼びやすいように、という事なんでしょう。呼び径だし。。。
黒い管が水道管。水道管は、水栓の数によって太さが変わってきますが、最近は、20㎜を使用する事が多いです。水道管は、
白い筒状のヘッダーに接続され、ヘッダーから、各水栓へと水が送られます。水色の管は”水”を送り、
オレンジやピンクの管はお湯を送ります。
この管の構造は、架橋ポリエチレンという管と、それを保護する外側の樹脂管の2重構造になっています。どちらも樹脂製で施工性に優れています。また交換が必要な時は、架橋ポリエチレン管を抜いて入れ替える事ができるので、メンテナンスも楽々なんです。
土間にコンクリートが打設されました。基礎工事終盤です。

天気のご機嫌を伺いながら、工事は進んでいます。

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.09.19

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、新築工事の様子をご紹介します。
ベースコンクリートが打設されました。ベースコンクリートは建物、設備、家具、人、すべてを支えます。
ベースコンクリート打設後、押さえという作業を大洋工務店では、3回行っています。
コテでコンクリート表面を整えます。押さえには、表面を平にするだけでなく、耐久性を確保する目的もあります。コンクリートは凝結する過程で、再度振動を与えると強度を増す性質を持っています。コテで再度振動を与え、仕上げ面のコンクリートを緻密にし強化しているんです。
3回目の押さえが終了し、養生期間をおきます。
続いて、立ち上がり枠の設置です。
基準線に沿って、型枠を設置していきます。
型枠を金具で繋ぎ、コンクリート打設時の圧力に負けないように固定していきます。
立ち上がりコンクリートが打設され、型枠が外れました。
立ち上がりに金具が。長い方はホールダウン金物。地震などで、柱が土台から抜けるのを防ぐ為の補強金物です。なので最終的に、柱に固定されます。短い方は、アンカーボルト。基礎と土台を繋ぐ金物です。
基礎から出ている部分は約10cmほどですが、全貌は約40cm。実は、アンカーボルトも以外と長いんです。
立ち上がり下部に穴があいています。これは、給排水管が通る用の穴です。スリーブを入れてあらかじめ空間を確保し、コンクリート打設しています。
立ち上がりが迷路のようになっていると思いませんか。土間以外は、どこの空間にも行けるようになっているんですよ。水回り等のトラブルが起きた時や点検の際に床下に潜って作業します。その時に、床下点検口からどこの空間にも行けるようになっているんです。お施主さんは、お子さんと歩いてみると楽しめるかも?!です(^^)
当たり前ですが、使い終わったらお片付けがあります。今度は、トラックに積む作業。もう一仕事です<(_ _)>

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.09.12

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、新築工事の様子をご紹介します。
地盤改良後、地面と建物をつなぐ、基礎工事が始まりました。ベタ基礎と言って、建物の底一面を鉄筋コンクリートで覆う工事です。まず、建物が建つ位置を整えます。
基礎の底となる高さまで土を掘り、砕石と呼ばれる細かく砕いた石を敷地全体に敷き
転圧し、地面を締め固めます。カッチカチです(^^)
建物が建つのは一段高くなっている部分。その周りに、捨てコンクリートを打ちます。
捨てコンクリートは、基準線を印したり、足場を整え工事をしやすくする為の物です。建物の強度に直接関わる事はありませんが、建物をつくるためには、とても重要な役割を果たしています。厚さは約5cmあります。
型枠が設置され
防湿シートが敷かれました。地面から上がってくる湿気を床下に伝わるのを防ぎます。
そして、鉄筋が組まれました。
型枠が低い方は、土間になります。
土間側と
居室側。鉄筋の組み方が明らかに違います。鉄筋を細かく組むとパワーアップします。人や物を支える居室とそうでない土間。こんなに組み方に違いがあるんです!
この後は、ベースコンクリートを打設します。不安定な天気が続いているため、タイミングを見計らっています。現場監督は、天気予報とにらめっこです。

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.08.19

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸の新築工事の様子をご紹介します。
地盤改良工事が始まりました。建物を建てる前には必ず地盤調査を行います。これは建物を建てても問題ない強度を持っているのかを調査するんです。軟弱地盤に丈夫な建物を建てても意味がありません。だから、調査をして強度に合わせた改良工事を行います。
こちらの現場は、杭を地中に埋めていく工法『Σ-I工法』で行います。『Σ』←これ読めますか。”シグマ”と読みますよ(^^)/『小口径鋼管杭工法』と同種の工法です。今回は、3mの杭を7本、4mを25本地中に埋めます。現場ごと長さや本数は変わります。
こちらは杭打機です。
杭を装着して
所定の位置にスタンバイです。
杭の先は羽のようになっていて、回転させることで掘り進めるようになっています。
正しい位置なのか
決められた深さまで打ちこまれたかを確認しながら1本ずつ進めていきます。
杭の直径は約9cmほどなんです。”地盤を改良する杭”ですが、意外とスリムなんです。
合計32本の杭が埋まりました。この日も尋常ではない暑さでの工事。しかも、日差しを遮るものは何一つありません。。。暑さとの闘いです。そのお陰で建物を建てる事のできる地盤へと変身しました<(_ _)>

地盤改良工事が終わると基礎工事へと移っていきます。

という事で
どうぞご安全に。

清水町K様邸 新築工事

2020.07.28

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
清水町K様邸、地鎮祭の様子をご紹介します。
朝から、強い雨が降ったり止んだり。。。地鎮祭の準備中はひどい雨でした。祭壇は雨バージョンでテントの中に作ります。
神様に聖域である事を示す忌竹(いみだけ)も、テントの中にちゃんと立っていますよ(^^)
地鎮祭が始まる頃になると雨が止み、青空も覗く空模様に。雨が止んでいるうちにと、地鎮祭スタートです!
開式の辞。神主さんから地鎮祭を始めるご挨拶です。
修祓の儀(しゅばつのぎ)。お供え物や
参列者を祓い清めます。
降神の儀(こうしんのぎ)。祭壇の真ん中にある神籬(ひもろぎ)に神さまをお迎えします。
神主さんの「おおおおぉぉ—–」が降神の合図です。
献饌(けんせん)。神さまにお供え物を召し上がって頂きます。お酒やお水の蓋を取ります。
祝詞奏上(のりとそうじょう)。誰が、どこに新築工事をするのかを神様に告げます。時代劇で言うと、お食事をしている黄門さまの前で、助さん角さんが「ははぁー!」と頭を下げて、報告している感じ??でしょうかね(;^ω^)
四方祓い(しほうはらい)。土地の4隅を祓い清めます。
奥様にもお手伝いして頂き、お米、お塩で清めます。
最後、トイレが出来る場所もお清めです。
鍬入れ(くわいれ)です。鍬入れの作法を神主さんが伝授しています。日本人でも。。。なのですから、イギリス人のご主人は大変です!!
ご主人だけで「えい!」
奥さんと一緒に「えい!」(^^)
この頃になると、蝉が鳴きはじめ、雲の隙間からはお日さまが顔を出し、気温上昇中です。カッパを着ているから余計に蒸し暑い(;^ω^)
玉串奉奠(たまぐしほうてん)。工事の安全を祈願して、玉串を奉ります。神主さんが熱心に、ご主人に作法を教えているのを一緒に聞き入ってしまい、記念すべきご主人の玉串奉奠を撮り損ねてしまいました<(_ _)>
昇神の儀(しょうじんのぎ)。神さま、お帰りになります。これまた「おおおおぉぉぉーーー」が合図です。
お神酒で乾杯(^^)
記念撮影です。この日は、いつも元気なNくん、Nちゃんはお留守番です。「連れて来たかったんだけど、雨が好きで遊んでしまうから(^^)」と奥さん。始まる前は、延期を検討するほどの雨だったんです。

でも、地鎮祭の間、雨は止み、そして終了後、ものすごい勢いで雨が降ってきたんです!!これはもしかしたら、神技かっ?!日頃の行いでしょうね(^^)

いよいよ工事が始まります!!

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ