新築戸建施工日記

カテゴリー: 裾野市 F様邸

裾野市F様邸 新築工事

2021.10.16

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
基礎工事が終了し、大工さんの登場です(^^)
こちらは、”土台”。基礎立ち上がりの上に据え付けます。土台に柱を組みます。基礎と柱をつなぐ仲介役が土台です。
アンカーボルトの位置を印し
ドリルで穴をあけます!
この時、ひのきのいい香りが漂ってきます(*^^*)
この”ほぞ穴”に柱を組んでいきます。土台は、家全体を支える大事な部材。だから、湿気に強く防虫効果もあるひのきが使われます。そもそもコンクリートは水分を帯びやすい性質。そのコンクリートに土台が直接触れていると、湿気に強いひのきでも腐りや白アリの原因に!!
そこで、基礎パッキンの出番です。
基礎と土台の間に基礎パッキンを挟むことで、コンクリートの水分が土台に浸透する事を防ぎます。さらに基礎パッキンが通気層となり、床下の湿気を防ぎ土台を守っています。
基礎パッキンは2種類あります。こちら、通気タイプ。
で、こちらは気密タイプ。床に断熱材を設けない、浴室や土間まわりに使います。
土台の継ぎ目。複雑な形をしています。今はプレカットと言って機械でカットし搬入されます。この継ぎ手は鎌継手(かまつぎて)

こちらは、蟻継手(ありつぎて)。これらを組み合わせると

ピッタリフィットです(^^)/
土台がアンカーボルトでしっかり留められました!
土台据え付け完了(^^)/
そして、足場が組まれましたよ!あやしい雲が気になりますが。。。

いよいよ上棟です(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

裾野市F様邸 新築工事

2021.10.15

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
ミニサイズの重機登場!
敷地内に給排水管を設置し、宅内とつなぐ工事です。
敷地の周りに排水管を設置するため、土を掘り起こします。
狭い場所を掘る給排水管工事の時には、ミニサイズショベルカーが活躍します(^^)
排水管をカットし
内と外の排水管を接続!
赤丸は、地面から顔を出す”汚水マス”。合流する所など詰まりやすい場所に設置されます。マスは地面を掘らなくても、点検やお掃除ができるようにするための物です。排水管の方向転換時に使用する
”90度曲げマス” 底の部分に溝が切られ流れやすくなっています。
排水管を設置したら、今度は土を戻します。
土が戻され、砂利が敷かれました。ちなみに、地面から顔を出している白いフタが”汚水マス”です。
砂利は、基礎や建物を、雨が降った時の跳ね返りによる汚れから防ぎます。
宅内の給排水工事も完了(^^)/
白い筒のヘッダーが各水栓へ水を配ります。
水色のカバーの管は”水”をオレンジは”お湯”を運びます。
玄関ポーチのステップや
エコキュート土台の

型枠が外されました。

まわりを整えて


基礎完成(^^)/
基礎は、玄関土間以外はすべてつながっています。この空間は水まわりのトラブルなどがあった時に、床下に潜りメンテナンスができるよう、どの空間にも行けるようになっています!

工事は、大工工事へと移っていきます!上棟まであと少し(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

裾野市F様邸 新築工事

2021.10.09

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
ベースコンクリートに
基準線が引かれました。これは、立ち上がり枠設置のための物です。
そして、鉄筋にオレンジの棒や
長い金物が登場(^^)/
これは、ホールダウン金物。柱が土台から抜けるのを防ぐ補強金物です。地震や台風時の引き抜きの力に抵抗するので
根本は傘の持ち手のようにクネっとしています。
長さは約90cm。最終的に柱と固定されます。
そしてこのオレンジの棒は、レベルポインター。同じ高さにする為の目印。
基準となる高さに設定された赤マルの機械、レーザーレベル。こいつから出ているレーザーを
受光器が認識し、音で設定の高さをお知らせしてくれます。
オレンジの棒はネジのような形状をしていて、クルクルっと回転させて高さを調整します。
高さを調節済みのポインターは、真ん中に印を付けます(^^)/これで、調節したかどうかが一目で分かります。
立ち上がりの枠が設置され
コンクリートも打設完了(^^)/
突然登場!!アンカーボルト。土台と基礎をつなぐ金物です。
立ち上がりコンクリートを打設しながら、アンカーボルトを埋め込むので、このタイミングでいきなり登場します(^^)
このポチ。レベルポインターの印を付けた真ん中部分です。この印が残るようにコンクリートを打設します。
基礎工事は終盤戦となって参りました(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

裾野市F様邸 新築工事

2021.10.01

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
ミキサー車と
ポンプ車の登場(^^)/
ミキサー車の荷台に積んだドラムには
固まっていない生のコンクリート、略して生コンが。生コンは、主にセメントと砂や砂利、水からできています。生コンをそのまま運ぶと重い材料は沈み、水は浮き上がり分離してしまいます。分離しないようドラムを回転させ、混ぜながら運んでくれるのがミキサー車です。
ミキサー車からポンプ車へ生コンを移し、
圧力をかけ
打設します。只今、ベースコンクリート打設中です(^^)/
ベースコンクリートは、建物、家具、人すべての荷重を支えます。
生コンも大量です!私が現場にいた時だけで、3台のミキサー車が来ていました。
1台終わる頃、次のミキサー車が到着するよう、管理され運ばれます。
このバイブレーターは
生コンに振動を与え余分な空気を抜き、砂利や砂などを馴染ませコンクリートの強度を高めてくれます。
ならし道具の1つ。

表面をタプタプすると
こんな感じに。表面を整えるとともに、砂や砂利を沈めひび割れを防止します。
そのあとトンボ掛け。

トゥルっとしました(^^)/
打設完了!
打設後、
コテで”押さえ”という工程を、時間を置いて3回行います。押さえも表面を整え、ひび割れを防ぎ強度を高めるためです。
養生期間が終わると、
立ち上がりコンクリート打設の準備が始まります。

という事で
どうぞご安全に。

裾野市F様邸 新築工事

2021.09.21

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
工事に必要不可欠な”水”と
電気を確保するため、工事用の仮設電柱や水栓を立てます。
こちらの現場は、地盤調査の結果”改良なし”と判定されたので、基礎工事始まりました!まず、根切りと言って基礎の底の深さまで土を掘ります。
建物が建つ場所に、砕いた石を敷き詰め
転圧機で締め固めます。
砕石( さいせき)で締め固めた周りに”捨てコンクリート”が打設されました。
捨てコンクリートの厚さは約5cm。
捨てコンクリートは、型枠の土台となるので安定性の確保、基準線を印すために必要です。
構造とは直接関係ないので、強度は必要ありません。
型枠が設置されました。
型枠は、コンクリートを打設する際の圧力に負けないよう、単管パイプと支柱で支えます。
地盤面に敷かれたシートは
防湿シートです。地面からの湿気を床下に伝わらせるのを防ぎます。基礎工事から、水対策がされています(^^)/
鉄筋がスタンバイしています!
鉄筋を、”ハッカー”という道具と
結束線で
クルクルっと
留めていきます。単純な道具しか使っていないのに、一瞬でクルクルっとしていくんですよ(^^)/
ご覧の通り鉄筋が組まれ、見た目もパワーアップ(^^)/
鉄筋と地盤面の間に挟まっているのは
石。これは鉄筋を覆うコンクリートの厚さを確保しています。コンクリートは鉄筋が錆びるのを防ぎます。鉄筋が錆びるとコンクリートの適正な寿命も守れなくなってしまいます。鉄筋を覆うコンクリートの厚さ”かぶり厚さ”はとっても大事!!だから、建築基準法で決められています。
鉄筋が正しく組まれているか検査をし、次の工程コンクリート打設へと移っていきます(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

裾野市F様邸 新築工事

2021.08.24

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
地鎮祭の準備中、雨がパラパラ。。。
最近、不安定な天気が続いているので、これ以上ひどくならないといいなぁと思いながら空を見上げ、潔くカッパを着ました(;^ω^)
祭壇も雨仕様。テントの中に忌竹(いみだけ)を立てます。
神さまをお迎えする場所は、聖域でなければなりません。竹や榊は清浄な植物とされていますので、忌竹は祓い清められた場所である事を神様にお知らせしています。
お施主さまが揃い、開式の儀。
とともに、Yちゃんの鳴き声も。。。
お供え物や参列者を祓い清めます。
中央の神籬(ひもろぎ)に神さまが降臨。
2礼
2拍手一礼でご挨拶。
「この土地に、新築工事をします」という事を、報告します。
Yちゃん、ママのお膝で落ち着きました(*^^*)
奥さまに、お米とお塩が乗った三宝を持っていただき
土地の四方を祓い清めます。
今日は、カメラマンさんも!
地鎮祭メインの鍬入れです!
ご主人「えい!」
「えい!」
家族そろって「やぁ!」
大洋工務店は、鋤入れを。
工事の
安全を
祈願し
玉串をお供えします。
Yちゃん、ご機嫌に(^^)
お神酒で乾杯!
おや!記念撮影で、Yちゃんのご機嫌が。。。
でも肩車で(^^)

みんなで、記念撮影(^^)v
天気は小雨が、降ったり止んだり。地鎮祭が終わる頃には、日差しがのぞく事も。どしゃ降りにならなくて一安心(^^) 私、雨女なんです。。。。
いよいよ、工事が始まります(^^)/

という事で
どうぞご安全に。

裾野市F様邸 新築工事

2021.06.23

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
裾野市F様邸、新築工事の様子を紹介します。
土地に”地縄(じなわ)”を張りました。地面に白い線があるのがご覧いただけますか?!これが地縄です。
地縄を張ると、建物の位置や大きさを土地で把握する事ができます。実際ご覧頂くと、境界との距離感や駐車場の出し入れもシュミレーションでき、『家を建てる!』という実感が湧いてくるのではないでしょうか(^^)
建物の位置や間取りが決定すると、地盤調査をします。
スウェーデン式サウンディング(SWS)試験で行います。地盤調査と聞くと、大型重機で大々的にやるのかと思いきや、拍子抜けするほどコンパクトな機械で進められます(;^ω^)
一般的に、戸建住宅などの小規模建築物に採用されている試験です。
先端がドリル状の部品が付いた鉄の棒(ロッド)を、
垂直に立て、鉄の棒に重りを載せ、荷重に対する貫入量を測り、地盤の強度を算出しているそうです。最大100㎏の荷重をかけます。
たまに、金づちのようなもので『カン!カン!カン!』荷重と回転を加えても貫入しない場合、打撃を加えます。
25cm貫入させるのに、ハンドルを何回転させたかで、地盤の強度を測定しています。
測定箇所は、建物の4隅と
中央の5ヶ所調査します。
調査後の穴。直径3cmくらいの大きさです。
地盤調査は、建物を安全に支える事ができる地盤なのかを調べる大事な工程です。頑丈な家を建てても、地盤が弱ければ安全な住まいにはなりません。

調査結果に基づき、地盤が弱ければ適切な状態に改良する事が大切です。

ちなみにこちらの現場は、”改良なし”という結果になりました。

という事で
どうぞご安全に。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ