新築戸建施工日記

カテゴリー: 長泉町 M様邸

長泉町M様邸 大工工事

2019.08.06

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、大工工事進行中です。
夏空を撮りたかった訳ではなく
太陽光パネルが載っていたので撮った写真なんです(;^ω^)
太陽光パネル…分からないですね。
それにしてもきれいな青空です(*^^*)
という事で、一緒に同行してくれていた望月さんに撮ってもらいました。
今度は近し!!
この日の大工さんは『巾木(はばき)』の施工中でした。
巾木は床と壁の境目を仕切る見切り材です。
掃除機が当たったり、子供がおもちゃをぶつけたりした時に
巾木が壁を守っているんですよ。
1Fトイレの巾木施工完了。

次は玄関の巾木です。
ブラウンの細長い物が施工前の巾木です。

同時進行で雨樋も施工していました。
雨樋が受けた雨を排水するために竪樋(たてどい)という物を付けている所です。
建物の隅に黄色い線が確認できるでしょうか?!
これは水糸で、竪樋を真っすぐつける為の印です。
ミッキー&ミニー発見!!
どこにいるかと言うと

バルコニーの内側の壁です。
バルコニーは主寝室から出入りするので、主寝室からしか見えない隠れミッキー&ミニーなんです(*^^*)
アーチ形のバルコニーがミッキー&ミニーの可愛らしさをアップしてますね。
こういう柄の外壁が元からあるそうです。
今は色んな外壁があるんですね。

大工工事もお盆休み前に完了する予定です。
異常な暑さです。

どうぞご安全に。

長泉町M様邸 大工工事

2019.07.27

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、大工工事進行中です。
大工工事と並行して外壁も貼っています。
白系と黒系のツートンカラーです。
室内は窓枠や建具枠が施工完了。
大工さんを探して2Fへ。
大工さん発見!!
2Fの天井を貼っていました。
天井の下地になる『野縁』を施工している所です。
天井は上を見上げながらの作業になるので見た目以上にキツイ作業なんです。
足場の確保も必須です。
上にも下にも気を遣う作業が続きます。
隣の部屋は断熱材が入っていました。
断熱材がドーンと搬入されていました。
これからしばらくは天井を貼る作業が続きます。
玄関横の壁です。
個人的にガラスブロック好きなんです(*^^*)
こちらは外枠に2色のカラーを使ってアクセントをつけています。
会社にもガラスブロックの余り?が2つあるんですが、それをどうにか何かに使えないかなぁと
考えている所なんです。

梅雨明け間近で気温も上昇中です。
過酷な作業が続きます。
という事で
どうぞご安全に。

長泉町M様邸 大工工事

2019.07.20

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、大工工事進行中です。
1Fの壁はほぼ石膏ボードが貼られていました。
この日大工さんは2F建具枠を施工中でした。
湿気が多い季節に加え、天井をまだ張っていない為、熱気が籠り蒸し暑さ倍増です。
写真を撮ってるだけでもじんわり汗をかくほどです。
そんな状況での力仕事は…頭が下がります。
階段が出来ていました!
階段が出来る前ははしごで2Fに上るのですが、下りる時がまだ怖いんです(;^ω^)
だから、階段ができるとホッとしてるんです。
いつか階段を作っている所を見てみたいんですよね~。
外壁の取り付け工事もしていました。
これは、2Fの窓から下を見た所です。木材は縦胴縁(たてどうぶち)です。
胴縁は外壁材を付ける為の下地になります。
白地に青い文字が書かれているのは防水紙です。
外壁との隙間は壁の中の空気が流れるようにする為にあります。
空気の通り道を作り、上部へ逃がす事で外気の熱を室内に伝わせない役目があります。
外壁を窓枠に合わせてカットした所です。
うまく撮れなかったんですが、窓枠の上にカットした外壁が付きました。
ピッタリはまっています。
でないと困るので当たり前なんですけど…感心してしまいます。

梅雨明けもあともう少しという季節になりました。
それはそれで暑さとの闘いになります。
という事で
どうぞご安全に。

長泉町M様邸 大工工事

2019.07.12

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、大工工事順調に進んでおります。
1Fは石膏ボード貼りを開始していました。
キッチンカウンターも出現!
キッチンカウンターの後ろの壁が一部色が違う所があります。
石膏ボードの色と似ていますが、これは耐力壁なんですよ。
地震等の横からくる力から家を守る丈夫な壁です。
真上からの重さは柱が支えています。
キッチンの換気扇につなぐダクトです。
2Fには石膏ボードがたくさん運ばれていました。
石膏ボード貼りはまだまだこれからですね。
右側にあるのが、木材を切る電動工具の丸のこです。
電源を入れると…
左側の袋の様なものが膨らみます。
丸のことホースでつながっていて左側は掃除機の役割で
木くずを吸っています。
なかなかの優れ物です。
この日は、夕方から雨が降ってきて
大工さんは外の仕事をしようとしていたのですが断念。
部屋の中に避難させている所です。
2Fの窓横の大工さんを発見できたでしょうか?!
外にある部材も雨支度です。
不安定な天気に振り回されている今日この頃ですが

どうぞご安全に。

長泉町M様邸 大工工事

2019.07.04

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、大工工事継続中です。
大工さんは、フローリングを貼っていました。
フローリングに傷がつかないように貼ったら養生をしてしまうので、
お引渡し間近にならないと、姿を見ることができないのですが…
養生をする前の姿をキャッチしました!
全体がこれからなのでイメージが難しいかもしれませんね(;^_^A
前回、ちょっとお話しした『間柱(まばしら)』の形が分かりやすい場所を発見!
柱と柱の間にあるから間柱。柱は正方形で間柱は長方形。
薄っぺらい柱が間柱です。
『×』の木材は『筋交い』と言って、
地震や風圧などによる横揺れを小さくする補強部材です。
建築士が計算をして必要な場所に入れているんですよ。
1Fから上を見た所です。
こちらはいずれ階段になる場所です。
まだ天井が貼られていないので、高く感じます。
大工さんの腰袋です。作業する時に腰に巻く道具入れと
鑿(のみ)です。見たことない漢字です(;^ω^)
のみは木材に穴を掘ったり削ったりする道具です。
大工さんの手に馴染んだ良き相棒なんでしょうね。
おまけの写真です(^^)
エコキュートの配線です。壁からニョキっとしていたのでつい(*^^*)

大工工事はまだまだ続きます。

という事で
どうぞご安全に。

 

長泉町M様邸 大工工事

2019.06.24

こんにちは。
長泉町M様邸、大工工事始まりました。

木材に文字が書かれていますよね。
これは、どこに使う物なのかが記されているんですよ。
大工さんは”間柱”(まばしら)を施工中です。
間柱は主に壁をつくるための補強として使われます。
柱と柱の間の柱で”間柱”です。柱は正方形ですが間柱は長方形の柱になります。

見えにくいんですが、はしらに『まはし』と記されているのが間柱です。

さて、これはなんでしょうか?!

答えは釘です。
釘ってこういう形で入っているんですね。
初心者の私にとっては、こういう物が新鮮なんです。

写真だと微妙なんですが、
釘のサイズによって色も違うんですって!!
場所によって釘も使い分けるので、
間違いがないように色々工夫がされているんですね。

大工工事は始まったばかりです。
どうぞご安全に。

長泉町M様邸 上棟

2019.06.16

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、上棟です(^^)/
上棟は、家の骨組みを組み立て、家の一番高い棟木まで組み上げる事です。
この日はさすがに大工さん5人で行います。
いつものメンバーなので、抜群のチームプレーですよ。
時間とともに様変わりしていく様子は楽しい~(^^♪

足場があるとはいえ、限りあるスペースで部材をクレーンから受け取り
チームプレーで組み上げていく様子はいつまででも見ていられます。
なんだかワクワクするんですよね(*^^*)
テンション高めで、足場に乗って迫力ある写真をと思ったんですが…
すぐにくじけました(T_T)
足場かなり揺れるのです。さらに、高さを感じると手を離す事ができなくて…
写真を撮る事ができませんでした。

大工さんってホントすごい!!

大工さんにとっては、少し暑かったようですが、
天気にも恵まれて無事上棟出来ました。
みなさんに、心より感謝申し上げます。

これからも
どうぞご安全に。

長泉町M様邸 土台設置

2019.06.15

こんにちは。大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、土台が設置されました。

土台は木材の部分です。
基礎のコンクリートと土台の間の黒い隙間、ご覧頂けるでしょうか。
これは基礎パッキンと言います。
基礎と土台の間に通気層を設けて、基礎コンクリートの水分が土台に浸透してしまわないように
湿気から土台を守る物です。
土台が水分を吸ってしまうと、腐れの原因になってしまい耐久性が低下してしまうんです。

土台に書かれている『に2』。
これは施工する時に間違いないように、『に2』には『に2』をという印です。
言いにくい(;^ω^)

黒い足がはえてきました。
これは床束(ゆかづか)です。
床束を支えているのは『大引き』です。
土台と大引きの違いが…??ですよね(;^_^A
役割としては土台は柱を、大引きは床材を支える物です。
土台は基礎の上に乗っています。
大引きは黒い足に支えられているモノです。

ザックリした説明で<m(__)m>
一つ一つに意味や役割がちゃんとあるんですね。

いよいよ上棟です!!
どうぞご安全に。

長泉町M様邸 基礎工事終了

2019.06.02

 

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、基礎工事が終了しました。

立ち上がりの枠が外れました。
期間限定で基礎全体が見ることができます。


高基礎と言って、玄関の方が少しだけ基礎が高くなっています。


これからは、外回りの配管と内部の配管工事に移っていきます。
基礎の穴は外と内の配管をつなぐ為の物です。


基礎から突き出ている金具は「アンカーボルト」です。
建築業界では”アンカー”と言います。
アンカーは基礎と土台を繋げる部材です。
土台は基礎の上に固定される角材です。その上に柱が建つ訳ですから、
アンカーはとても重要なポストになります。
とは言っても、建築はどれか一つでも欠けたら、安心安全な家は建たない訳で…すべてが大事ですね。


他の物より長いアンカー気になりますよね。
これは、通し柱用のアンカーです。
通し柱は土台から軒まで繋ぎ目のない柱のことです。

天気にも恵まれて無事基礎工事は終了しました。
という事で、どうぞご安全に!!

長泉町M様邸 基礎工事

2019.05.25

こんにちは。
大洋工務店の皆川です。
長泉町M様邸、基礎工事進行中です。

鉄筋を組み、基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組んで
ベース部分のコンクリート(耐圧盤)を打設した所です。
コンクリートを流し込む事を打設といいます。
耐圧盤はすべての重さを支える基礎となります。
ホント地味だけど、大事な工事なんです。

丸い印は、給排水設備工事の目印です。

これからは基礎立ち上がりのコンクリート打設に進んでいきます。
コンクリートを扱う工事は、天候に左右されヤキモキする時もありますが、
心配無用の天気です。それどころか、夏のような気温になってます!!
という事で、どうぞご安全に!!